どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

消費者金融がお金を貸さない理由

2018年08月02日 16時55分

消費者金融やカードローンの儲けは、借入の際につける利息です。ゼロ利子の借入では、何の得もありません。債務整理の法律が規制された時、多くの消費者金融や金融会社が倒産に追い込まれました。

今では闇金ばかりが高利貸しとされていますが、以前はグレイゾーンという高い金利で、普通の消費者金融なども高い金利で貸出をしていました。その貸出禁止が決まり、一斉に低金利(それでも20%以下)になったため、経営が困難になった金融会社はとても多いです。

債務整理と言うのは、こうした債権者にとってはマイナスの事態ですが、債務、を抱える方の救済策としては画期的なものです。債権者は、返済ができなくなった時に債務整理の交渉や裁判所での手続きによって、借金返済を大幅に減額できる時代になったのです。

それにしても、現在カードローンや消費者金融などはインターネットなどを使うと簡単に利用することができます。自分の収入が安定してたり、所得証明などが存在していると、年収の3分の一以内ですと、簡単な手続きでキャッシングもできます。ですから、多重債務になることも簡単で、あちこちの金融機関からの借金を作ることもできます。

そうした客を相手に、消費者金融も利息収入で経営をしているということです。持ち金が大きい金融会社にとっても規模が小さな消費者金融でも、肝心なのは、返済をきちんと行ってくれる客です。少し前の債務整理の法律ができたときから、経営には厳しくするとともに、審査なども厳しくなったと言われています。以前は借りれたお金もそう簡単に貸してもらえない事態になっています。

ローンの申し込みをしたのにお金が借りれない。このことは消費者金融が返済ができそうもない方は最初から審査を通らないようにする作戦です。そう判断された方にお金を貸したとしても、自分の儲けが減ってしまう、そういうことです。
 
dokomokashite468.jpg
dokomokashite468.jpg