どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

どこもお金を貸してくれない時

2017年09月29日 16時44分

どこもお金を貸してくれない時 関連記事

 
dokomokashite468.jpg
 

大手消費者金融審査落ちの原因を知ろう


消費者金融やカードローンの審査に落ちた時、何かしらの原因が存在します。
銀行カードローンや大手消費者金融の審査落ちのときには、審査の甘い中小消費者金融に行けば、借りられる可能性があります。
しかし、どうして大手消費者金融などで借りることができなかったかの原因を知ることも必要です。
 

審査基準の違い

中小消費者金融で審査落ちは大手消費者金融の借入はできません。
大手消費者金融と中小消費者金融では、中小消費者金融のほうが借りやすい審査基準になっているからです。
ブラックでも対応する中小消費者金融では、審査基準を甘くしています。
最初から、中小消費者金融に借入をしたいのではなく、たいていは大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちでいくことが多いでしょう。
その時に審査落ちはどうして起こったか?
それを金融機関に聞いたとしても回答は得られません。
信用情報データベースなども取り寄せることはできますが、自分で考えることも可能です。
 

考えられる審査落ちの原因

消費者金融なら年収3分の一以上の借入になってしまっている。
銀行カードローンでは借り過ぎなどです。
総量規制以上と延滞者は中小消費者金融でも借入はできません。
多重債務者であれば、大手消費者金融や銀行カードローンでは3社程度が限界です。
申込者の信用情報で、上記の用な記録があれば、異動情報としてブラックの要因になり審査落ちということになります。
そして、申し込みブラック。
短期間に何社も消費者金融や金融業者にキャッシング申し込みをしてしまった結果、ブラックになります。
半年間は審査落ちが続くことになりますが、中小消費者金融では申し込みブラックは基本的に審査通過ができるとされています。
審査落ちは、このような総量規制、多重債務、延滞、申し込みブラックなどが考えられます。
 

中小消費者金融はなんでもOK?

延滞と総量規制オーバーは絶対に借りられないことですが、多重債務者だけは4社程度の許容範囲があると言います。
それでも返済能力があることが条件で、一定年収がなければならないのですが、融資対象になることはあります。
あくまでも総量規制範囲内であり、絶対的な保証はありません。
金融ブラックとして、大手で審査落ちで中小消費者金融の利用者は最近増えていますが、多少金利は高くなります。
口コミ情報などで、具体的な審査の様子はわかりますが、ブラックの申込先としての中小消費者金融の存在は大きいでしょう。
延滞していない、総量規制範囲は余っている、一定収入がある方は、申し込みをしてみて下さい。
そして、中小消費者金融でも審査落ちになった場合は、債務整理しかありません。
絶対にヤミ金にはいかないことです。
ヤミ金は違法業者です。
 

▲TOPにもどる


 
dokomokashite468.jpg
 

多重債務は審査落ち原因の一つ


多重債務者はなかなか審査通過ができません。
それぞれの金融機関では規定の数が決まっていますが、総量規制や収入のも深く関係します。
 

個人信用情報について

正規金融業者では、キャッシングの申込者については必ず全項目を確認します。
そこで、現在何社借入件数があるか、借入金額を確認するためです。
その時に、大手カードローン会社は、2社でも審査通過できるけれど審査落ち?
そんなこともあります。
2社でも借入額が大きければNGです。
多重債務は必ず総量規制と関係性がありますから、簡単な審査内容にはいかないのです。
個人信用情報では、申込先もすべてわかり、返済額も判明します。
総量規制範囲内だけど、返済額が多いと、返済能力がないとみなされ、やはり審査落ちになります。
多重債務一つの審査落ち原因に関してもすぐに多重債務者だからNGといかないのが審査です。
具体的な要件は公表されていない事から、同じ大手消費者金融でも片方は審査落ち、片方は審査通過と言う結果になるのです。
ただし、3社では、大手消費者金融の審査は難しいでしょう。
 

中小消費者金融の対応

ブラック対応業者では、基本的に総量規制範囲内であれば、大手消費者金融審査落ちも対応しています。
多重債務に関しては、4件が妥当ですが、総量規制範囲を1円でもオーバーしている場合は、審査落ちになります。
この点は大手消費者金融も中小消費者金融も同様です。
4件という借入件数は平均的ですが、内容にもよります。
また、口コミでは5件でもOKという中小消費者金融もあるらしいのですが、この中小消費者金融の審査内容に関しては、一貫したモノがありません。
 

口コミ情報の難しいところ

中小消費者金融の審査落ちは重大問題です。
ブラックでも借りることができましたという報告は多くの方に希望を与えますが、僕はだめだったという残念な内容もあります。
その時はどんな情報だった?借入件数は?多重債務?など興味がありますが、ブログ記事であれば、詳細な内容ですが、口コミではなかなかわからないものです。
そこで、少なくとも、多重債務の場合は、大手消費者金融なら2件、中小消費者金融なら4件で、ともに総量規制範囲であることが必須条件だと思って良いでしょう。
現在、5件超の多重債務者は減らしてからの申し込みで審査通過ができることでしょう。
今、甘い審査の中小消費者金融に行ったとしても確実に審査落ちです。
◯◯サイトの口コミでは審査が甘いと書いてあったのに、申し込みをしたら審査落ち。
このようなことはとても多いです。
中小消費者金融審査落ちの場合は、そのまま債務整理に突入して下さい。
 

▲TOPにもどる


 
dokomokashite468.jpg
 

債務整理者の審査


債務整理は、債務者が返済できない事態になったときに、法律にしたがって、減額を目的に債権者に申し出ることです。
弁護士がすることで、金融機関や金融業者なども対応することが多いです。
債務者は、債務整理をしたことで、返済が大きく減ったり、ゼロになるなど借金生活内容が変わります。
と同時に、個人信用情報機関には金融事故が記録され、しばらくの間借入の申込みができない期間が続きます。
債務整理によるブラックリストです。
 

中小消費者金融では債務整理歴もOK

審査の甘さで言えば、中小消費者金融は債務整理後1年程度で審査通過ができます。
自己破産も任意整理も大丈夫で、任意整理では返済中でも借入ができます。
ちなみに、債務整理をしたとしても、総量規制は年収3分の一で、任意整理や個人再生では、返済分を差し引いた部分の借入になります。
収入があることが条件ですが、債務整理後1年程度での審査通過が可能です。
大手消費者金融や銀行カードローンでは最低5年長くて10年程度はブラック状態が続きます。
ここで気をつけたいのが、債務整理後の借金をしてしまうと、大手消費者金融などの借入時期がそれだけ伸びます。
本来なら、債務整理から5年程度での借入ができるのですが、中小消費者金融キャッシングをしてしまうことで、その分借入時期があとになるのです。
信用情報的には、もう中小消費者金融しか借りられなくなってしまうことがあります。
 

頼みの綱 中小消費者金融の審査落ち

そうなると、二度と返済事故、金融事故を起こすことができなくなってしまいます。
中小消費者金融も審査は甘いですが、ブラックの状態での借入で、金融事故を度々起こすと借りられないことになります。
中小消費者金融の審査落ちはもう正規金融業者で借りられるところはないので、お金に困っている方は気をつけなくてはならないことです。
そして、債務整理歴がある方の債務整理は時間がかかったり、自己破産がなかなかできないこともあります。
人生で何度も債務整理はするものではないのですが、債務整理中の中小消費者金融の審査通過が大きなポイントになります。
借りれるのだから仕方のないことですが、この場合の返済だけは絶対にドジしないことです。
そして、どうしても返済ができないのであれば早めに弁護士に相談して下さい。
2度目の債務整理に関しては、専門家がいたほうが良いでしょう。
信用情報データベースは、もうぐちゃぐちゃですが、ここで借りない期間を10年間ほど経つことで、ブラックリストは返上されます。
 

▲TOPにもどる


 
dokomokashite468.jpg
 

キャッシング申込とブラック いよいよになったら債務整理


カードローンは消費者金融も銀行も年収に応じた限度額になります。
収入が少ないと借りられる金額は限られています。
原則的に多重債務も良いのですが、審査ではあまり良い評価はされません。
 

申し込みブラックで注意すること

申し込みブラックとは、金融ブラックの一つで1つのカードローン申込に審査落ち後、あちこちの申込をすることです。
2社か3社で審査落ちなら、今の属性では何らかの原因で借りれないのですが、それでもしつこく申込をしてしまう。
すべて個人信用情報機関に記録され、ブラック扱いになります。
最初で審査落ちが、入力ミスであったとしても、すべて審査落ちの原因です。
申込先の記録はそのままで、申し込みブラックは半年間は続くのです。
返済能力があったとしても、とにかく審査落ちしてしまったら、しばらくは申込をしないことです。
 

多重債務者は余計不利

多重債務も個人信用情報の記録されています。
申込の時に3件の他社借入件数なのに、2社と書いてしまった。
これが故意ではなく、本気で間違ったとしても、審査落ち、虚偽申請です。
ましてや、この多重債務者。
審査では悪条件の一つであり、借入金額が少なくともあちこち借入している状態は良いことではないです。
それも短期間であれば余計です。
大手消費者金融などでは、申し込みブラックの一つとして間違いなく審査落ちにしてしまうところです。
ブラック対応の中小消費者金融でも虚偽申請は審査落ちになります。
 

中小消費者金融の総量規制

総量規制オーバーの借入は、まとめローンの場合はできます。
多重債務を1つのまとめローンにする場合は、総量規制以上の借入ができます。
中小消費者金融のまとめローンの申込は、返済できないから多重債務を低金利のまとめローンにしたい要望が多いです。
ところが金融機関ごとに存在するまとめローンですが、どれも審査が厳しいです。
そして、中小消費者金融の場合は金利も高めで、低金利の恩恵がない場合もあります。
新規キャッシングができないのに、まとめローンの審査通過、あるわけ無いでしょう?という指摘もあります。
まとめローンは、借入の金額が大きくなり、ブラックなどの信用力がない方の審査は難しいのです。
よって、中小消費者金融も審査落ちになると、債務整理しかないでしょう。
弁護士に直接相談をするか、自分でインターネットなどで調べて行いましょう。
ブラックになるのはイヤという方も中小消費者金融で新規キャッシングができない時点で、すでにブラックリストになっていますから。
 

▲TOPにもどる


 
dokomokashite468.jpg
 

延滞は絶対にしないこと


こうなったらどこも貸してくれないのが延滞記録です。
多重債務者や債務整理者などは、過去に借りすぎた、過去に借金整理をしたことになりますが、延滞している状態でのキャッシングやカードローン申し込みは、事故を起こした状態で、再び事故をしようというものです。
多重債務で他社の借入のための申し込みにきました、ということも考えられますが、確かにそんな目的だとしても、とりあえず延滞はなくしてから申し込みをして下さい。
 

昨日の返済でも可能

ですから、昨日2万円を友達から借りて多重債務に返して、延滞なし。
それで今日、中小消費者金融に2万円借りに来ましたでも、審査が問題なければ借りられます。
とりあえず延滞の部分ではOKなのですから。
多重債務でもなく、債務整理歴もない。
単に延滞している状態では?というと、この場合も審査落ち決定です。
とにかく、返済能力の無さを露呈してしまうのが延滞であり、続けば滞納であり、審査の甘い中小消費者金融でもこのような申し込みは対応していないのです。
ブラック対応業者でも、返済してから申し込みをして下さいと断られることになります。
 

返済しようにもお金がない

返済ができないからお金を借りることが1度でもあれば、債務整理のサイトです。
金融機関ごとの信用情報は共通しているものです。
自転車操業的な借り方はすぐにバレバレです。
危ない借り方をしていたとしても、直接ブラックにはならないものの要注意人物としてチェックされることになります。
そして、自転車操業はやがて暗礁に乗り上げる事になり、ブラック決定、審査落ち必定です。
大手消費者金融審査落ちの時点で債務整理をする方も多いですが、実際に中小消費者金融に行き、調子に乗ってキャッシングをしていたら、債務整理になる方は多いです。

審査落ち、あなたには貸すお金がないということであれば、多重債務であれば債務整理、延滞をしているのなら遅延損害金が多くならないうちの返済をしましょう。

債務整理は早ければ早いほど良いと言われています

自分でわからないときには、弁護士がすべて行ってくれますが、債務整理相談だけでも無料で行う法律事務所は全国にあります。
インターネットで相談もできますし、お金はかかりますが、出張してくる弁護士などもいます。
大手消費者金融審査落ち後の中小消費者金融ではなく、弁護士に相談が良い方も多いです。
任意整理などですと、すぐに解決して、弁護士料金も安いです。
 

▲TOPにもどる
 

dokomokashite468.jpg

dokomokashite468.jpg