どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

ローン 借りれない

2017年10月17日 11時56分

ローン 借りれない 関連記事

 
dokomokashite468.jpg

住宅ローンの審査の厳しさ キャッシング後は審査落ち?


銀行の各種ローンの申込みをした時に、審査は必ずあります。
その時に事前審査と本審査がありますが、事前審査は銀行で、本審査は保証会社が行います。
本審査の内容は銀行とは無関係であり、事前審査と内容が違う場合がほとんどです。
銀行の金融機関では、2つの審査で対応しますが、キャッシングも同様です。
 

本審査の内容

本審査は銀行でも内容は教えくれないのですが、個人信用情報機関の内容はもちろんですが、他社借入があれば返済負担率、年収、職業などが詳細に調べられます。
特に住宅ローンなどの多額の場合は、物件に対する返済能力を多角面から審査し、支払いリスクがあれば即審査落ちです。
 

住宅ローンの厳しい審査

マイホームで住宅ローンを利用する方は多いです。
この審査で注目なのが、過去のキャッシング経験があれば審査落ちの本審査があります。
決して金融事故など起こしていない、大手消費者金融などでキャッシングをした事実だけで、住宅ローンが組めない場合があります。

ましてや、異動情報があった、これは金融事故ですが、審査落ちの経験があったり、延滞記録があると、住宅ローンが組めないのです。
それが、数十年前であって、今は十分な年収がある。

信用力があると金融機関側で認定すると別ですが、現在キャッシング経験無しで、将来住宅ローンを組みたい方は、キャッシング、やめたほうが良いです。
これは、事前審査担当者談で、キャッシングすること自体が、信用を落とすことになります、とのことです。
 

審査の甘い住宅ローンも存在している

原則的に自営業者の住宅ローンはできないことが多いです。
本審査の保証会社が認めないからです。
個人事業主などは、20年と言う住宅ローンの返済能力がないと見なされるのですが、一部の銀行では、対応していることがあります。

これは、消費者金融で言えば、審査の甘い中小消費者金融みたいなものですが、自営業者、キャッシング経験者でも審査が通るようです。
ただし、金利は高いです。
住宅ローンの金利は0.1%でも高いと大きく響きますが、住宅ローンを組めるだけでも良かったと思う方にとっては、救いの審査の甘さです。
ただし、返済負担比率、申請者と保証人がしっかりしている、書類に不備がない、返済額の調整などで審査に手こずります。

そして、金融事故がある場合は。審査担当者の判断と今後の見通しで、審査落ちも多いといいます。
何十年前に債務整理をした、この場合の住宅ローン契約については、審査の甘い銀行でも、どう対応するかはわからないということです。
住宅ローン情報サイトでも、自己破産したけれど、審査に通った都言うような内容のものは少ないです。
ただ、現在の状況いかんであり、配偶者が高給取りだったり、別の住宅の下取りなどの様々な要件があります。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

銀行の本審査は保証会社が担当


個人信用情報機関は、各金融機関や金融業者が審査基準として参考にするものです。
国内には数社ありますが、貸金やクレジット、ローン関係の情報がすべて網羅しています。
よくキャッシングやローン申込みで審査落ちと聞きますが、その内容確認に使われるのが個人信用情報機関の情報です。
 

厳しいのは銀行

すべての借金の情報がありデータベース化されています。
金融事故はすぐにわかるになっていて、銀行などではその金融事故にチェックが入ると、たいていのローンは審査落ちです。
フリーローン、各種目的ローンなども信用情報は大切な審査の要になります。

そして、審査落ちになったときに、絶対に理由は教えてくれないのですが、その時に銀行の言い分として、保証会社が判断をしましたといいます。
要するに、銀行ではキャッシングやローンは自行審査ではなく、保証会社が行っているのです。
自行審査として事前審査はありますが、最終的な判断は自分ではしない様になっています。
分業と言えばそういうことですが、消費者金融にはないシステムです。
 

銀行の保証会社は大手消費者金融?

メガバンクでは各種ローンの保証会社が指定されています。
ちなみに銀行カードローンの保証会社は、系列の大手消費者金融です。
現在はこうした形で銀行と大手消費者金融が組んでいます。

しかし、住宅ローン、カーローンなどは大手消費者金融意外の保証会社が行います。
審査基準に関しては、目的ローンとカードローンでは別であり、目的ローンの方が厳しいです。
金融事故などがあると金融機関側のリスク大として、返済負担率が高いローンの審査は通らないでしょう。

そして、自営業者に関しては、銀行側からも厳しいチェックが入り、カードローンは比較的簡単ですが、各種ローンは借りれないことが多いです。
個人信用情報機関の内容は良いけれど、収入で不安がある。
将来性のある仕事でなければ、審査は通らないです。

ある銀行審査担当者は、大きな金額のローンに関しては、公務員や一部上場企業では安心ですが、とのことです。
信用第一で住宅ローンなどの多額のローンに関しては、信用情報だけではなく、個人情報にも厳しいメスが入ります。
 

ますます厳しくなる審査

銀行などでは、最近審査が厳しくなっているとの情報も多いです。
審査期間も長く、指定信用情報機関の内容で少しでもマイナスがあれば金融事故者として審査落ちです。
または、最大に留保して、金利を高くしての審査通過もありますが、この場合もある程度年収が高い方の待遇です。
正確には銀行ではなく保証会社の対応ですが、簡単にローン審査もできない時代になりました。

しかし、公務員などでキャッシング経験がない方の住宅ローン申込みなどは金融機関としては大歓迎です。
ゼロ金利で優遇措置もあるのですが、公務員だって、いつかは金融事故者になることもあります。
自営業者には厳しい対応ですが、真面目に働く方も多いです。

このあたりのバランス。
すべて個人信用情報機関の内容によるものです。
審査期間の審査待ちって、心臓に悪いです。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

金融事故者のローン審査は難しい


金融機関では、個人信用情報機関の内容は最重要視しています。
申込者の個人情報だけでは、審査はできません。
どんな借金生活をしていて、現在の返済負担率を図る上で、信用情報の内容は大切な要件です。
 

住宅ローンを組みたい方へ

原則的には、過去のキャッシング利用歴があったとしても組めるといいます。
しかし、金融事故経験者は住宅ローンの審査は難しいです。

とは言っても、実際に住宅ローン申込みをすると、どうみてもキャッシング歴が大きく響くことが多いです。
審査基準ではキャッシングNGとはないのですが、個人信用情報機関の内容をくまなく観察されることから、気をつけたほうが良いでしょう。
現在、カードローン返済中の住宅ローン申込みについては文句なく審査落ちです。
気をつけたいのが、過去の情報を隠している場合です。

夫婦でヒミツを持つのは賛否ありますが、住宅ローン申込みのときに夫が契約者になるとします。
過去の信用情報でNG項目があると、どの住宅ローンも借りれないことになります。
妻としては、どうして?と銀行に駆け寄ってしまう場面もありますが、実夫が大手消費者金融での金融事故者だったり、債務整理者、延滞をしていたという過去があると、審査通過はないです。

それを妻に言わないでいると、永遠にこの夫婦の住宅ローンが組めないことに。
事前にきちんと話して、夫がダメなら妻である配偶者が契約者になることもできます。
金融事故者ではない妻名義の住宅ローンで問題解決ができます。
夫婦の問題ですが、住宅ローンではありがちな話しです。
 

自営業者の住宅ローン

銀行などの民間商品は厳しいですが、フラット35のようなものであれば審査は通りやすいです。
審査基準は少しハードルが下がり、全期間固定金利ですが、極端な金利が高くはないでしょう。
しかし、信用情報の金融事故者は審査落ちですが、カードローン利用者などでブラックではないと審査通過もあると言います。

ただし、条件として、フラット35を提供している銀行の対応が関係します。
現在は、カードローン返済中でも返済負担率が高くなければ、住宅ローンもOKと口コミでもあります。
自営業者も歓迎との内容はありますが、担当者談によると、キャッシングやカードローンととにかく完済が原則だと言います。
そして、ブラックだったとしても、年数が経っていて、その時ブラックの内容によるといいます。
審査内容は、金融機関側では絶対に明かしません。

そして、歯切れの悪い回答しかしないことが一般的です。
住宅ローンは、自営業者には厳しいのですが、カードローン、キャッシングも同様にマイナス要件です。
そして、金融事故者については、一気に審査落ち要件になります。
これは否定できないことで、それを取り返すのは何と言っても安定した年収で、銀行の信用力を上げることでしょう。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

審査の甘さと各種ローン


住宅ローンやカーローンなどの目的ローンとキャッシングなどのカードローンの審査の違いはあるのでしょうか?
正解はある、です。
 

審査の違いのポイント

それは金利の違いです。
キャッシングの金利は、目的ローンの金利と大きく違います。
大手消費者金融と中小消費者金融でも金利差はありますが、金利が低いほど、審査は厳しいです。
よって、目的ローンとキャッシングでの審査の内容は違うと考えられます。
銀行と消費者金融でさえ審査内容は違い、金利が低い銀行の方が審査はきついです。

ただ、すべての審査については、金融機関も金融業者も公表することはないです。
当社規定の審査ということで、あとの内容については、すべて口コミ情報や経験者の話しです。
審査基準の違いはこうだ、ここはこれで審査通過ができる、審査落ちだという断言はできないのが現状です。
ただ、金利が低いものほど、審査内容は厳しいでしょう。
これは金融機関側の事情です。
 

個人信用情報機関がすべての決め手

各種ローンもキャッシングも審査では、必ず個人信用情報機関の内容を確認します。
ここで金融事故の有無、過去と現在の返済状況などを確認することはわかっています。
それをどう判断するかですが、住宅ローンやカーローンなどでは金融事故があれば、借りられないです。
金融事故とは、カードローンなどの延滞、債務整理、多重債務などです。

これは消費者金融などでも同じですが、皆さんが名前を知っている大手消費者金融や銀行カードローン審査では金融事故者の審査通過はないです。
この金融事故者をブラックリストと呼びますが、ブラックの低金利金融商品の契約は難しいでしょう。
ブラックでも借りられる住宅ローンやカーローンは皆無です。
事前審査で即審査落ちです。
 

ブラック対応と言えば

消費者金融では、中小消費者金融がブラック対応業者として有名です。
中小消費者金融とは、名前はあまり知られていない金融業者で、宣伝はしていないのですが、審査の甘い貸金業者です。
たいてい大手消費者金融審査落ちの方などで、どこか借りられるところはないかとインターネット検索などをすると、全国で中小消費者金融や街金があることがわかります。

金融庁届け出を済まし、貸金業法を守っているところであり、多重債務者や債務整理者は受け入れますが、審査はあります。
審査基準が甘いというだけで、総量規制以上の借入はできませんし、無収入は審査対象にもならないです。
また、延滞者も借りることができないので、すべての金融事故者が借りられるわけではないです。
ちなみに、全国対応、来店不要でインターネット申込みができますし、振込キャッシングになります。
そして、審査は甘いですが、金利は高いのは当然であり、延滞した場合の対応はとても恐ろしいとの評判です。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

キャッシングはしない方が良い理由


金融事故を起こすと、信用力がなくなります。
車の運転免許証と同じで、マイナスがつき、ゴールドカードでなくなるのです。
しかし、数年経つと、金融事故記録は更新されます。
それが、時効であり、ブラックリストからの脱却です。
 

どんなことが金融事故?

延滞は返済日を守らないこと、多重債務はたくさん借り過ぎ、債務整理は自己破産などですが、申込ブラックといって短期間で多くの消費者金融の申込みをするのも金融事故者になります。

大手消費者金融では審査落ちですが、中小消費者金融ではキャッシングができることがあります。
このような金融事故は、個人信用情報機関では異動情報とされてしまい、審査落ちの要件です。
そうなってから、住宅ローンやカーローンなどの契約はできないです。
更新されるのを待ったとしても、住宅ローンの審査は特別厳しいです。
 

金融事故を起こさないこと

上記の金融事故では、自分が支払いができ範囲内のキャッシングやカードローンの契約をすることです。
大手消費者金融審査落ちの場合、中小消費者金融に行かずに債務整理をする。
債務整理をしたらブラックリストですが、中小消費者金融での借入以前似すでにブラックリストになってしまっていることが多いです。
そして、住宅ローンなどを本気で考えるのなら、キャッシング類いは利用しないことです。

多額の住宅ローンの借入でキャッシングをしているようであれば、それだけで審査は通らないことがあります。
最近の口コミでは、金融事故者でなければ良いとありますが、信用情報の見方の金融業者によってそれぞれです。
金融機関側の見解としては、返済リスクがあること回避し難いことです。
また、物件の審査も行われるのですが、これは住宅ローン審査の際に、競売になったりした時の価格評価です。
低い評価しかないのに、高い希望借入などでは審査落ち要件です。
自営業者も簡単な審査ではない上にキャッシングがあると審査は難しくなります。
 

ローンを考えているのなら

特に住宅ローンの場合は、キャッシングの利用は考えた方が良いです。
その他のローンの場合も多額になったり、返済期間が長期になる場合は、審査基準は変わります。
今、キャッシングをしたいから簡単申込みをした、と言うことが将来のマイホーム計画をダメにしてしまうことがあります。
キャッシングなら、消費者金融ではなく、せめて銀行カードローンといいますが、これは消費者金融と同等レベルです。
キャッシングそのものはしないことが最適ということです。
それが各種ローン、特に高額なローン審査通過の秘訣です。

国で行う教育ローンなどについては、審査内容が少し甘くなります。
これは延滞の金融事故はなかなかうまく行かないことですが、キャッシング経験者などでも対応してくれるようです。
ただし、ブラック進行中の借金は、国としてもなかなか審査通過はないとの見解です。
審査担当者は明快な回答はしてくれないのですが、キャッシング・ブラックには厳しいでしょう。
 

▲TOPにもどる
 

dokomokashite468.jpg

dokomokashite468.jpg