どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

お金がない 借りれない

2018年03月27日 15時45分

  1. お金がない・借りれない人にオススメ!小規模消費者金融
  2. お金がない・借りれない人が審査に通るためのポイント
  3. お金がない・借りれない人はネームバリューが無い金融業者を利用しよう
  4. お金がない・借りれない人がつかまりやすい闇金
  5. お金がない・借りれない人はおまとめローンを検討してみよう
 
dokomokashite468.jpg
 

お金がない・借りれない人にオススメ!小規模消費者金融

お金がない・借りれない人は、どこでお金を工面していいのかわからなくなってしまいますよね。
そんな人に目を向けてほしいのが、小規模の消費者金融です。

小規模の消費者金融とは、どのような金融業者なのか、ご紹介していきます。
 

小規模消費者金融とはどのような業者なのか

小規模の消費者金融とは、地方に根付いている、少人数経営の消費者金融のことをさします。
消費者金融の中では、1番小規模な消費者金融であり、メジャーな消費者金融ではありません。
小規模の消費者金融とは意外に多く、地方に数多くあります。
中には、ホームページを持っていない、小さな個人経営の消費者金融もあります。
 
dokomokashite468.jpg
 

小規模消費者金融に目を向けてほしい理由

他社でお金を借りることができなかった人が、
小規模消費者金融に目を向けてほしい理由は、これらが挙げられます。
 

知名度が低いので審査に通りやすい

小規模の消費者金融は、知名度が低いです。

地方にあって、ホームページに載っていない消費者金融も多くあります。
そのため、人に知られる機会が少ない消費者金融もあります。
なので、利用する人は限られているようです。

利用者が少ないということは、利用者をゲットしようとレベルの低い審査をします。
そのため、多少属性や債務性が良くなくても、審査に通る可能性が高くなります。
 
dokomokashite468.jpg
 

借り手の人柄をくみ取ってくれる場合がある

小規模の消費者金融は、電話や面と向かって話して審査をすることで、借り手の人柄をくみ取ってくれる傾向もあるようです。
そのため、多少条件の良くない人でも融資をしてもらえる可能性があります。
 

地元密着企業が多い

小規模の消費者金融は、地元密着の対応をしてくれる場合が多くあります。
同じ地元の人であれば助けてあげたいと思うので、多少無理をしてでも審査に通すこともあるようです。
地元出身や地元で働いている人であれば、キャッシング審査は緩めの傾向もあるようです。
 
dokomokashite468.jpg
 

手渡しで融資してくれることもある

小規模の消費者金融は振込ではなく、その場で手渡しで融資してくれる場合もあります。

そのため即日融資になることもあります。
銀行の営業時間外でも手渡しで、融資を受けることができる場合もあります。
 

小規模街金のデメリット

小規模街金をご利用する場合は、デメリットも把握しておくようにしましょう。
小規模街金のデメリットは、以下が挙げられます。
 
dokomokashite468.jpg
 

ホームページが無い場合は実態が把握しにくい

今はネット社会なので、消費者金融のほとんどが自社のホームページを持っています。

しかし、小規模の消費者金融の場合は、自社ホームページを持っていない場合も多くあるようです。
ホームページを持っていれば、どんな消費者金融なのか事前にチェックできますが、ホームページが無ければ事前にチェックすることはできません。そういう意味では、実態がつかみにくい消費者金融といえます。

その場合は、インターネットの口コミ評判で、どのような状態なのかを調べるといいですよ。
 

インターネット申し込みができない場合がある

小規模の消費者金融です。
よって、大手消費者金融のようにインターネット申し込みに対応していない業者もあります。
そのため、申し込みは電話かメール、若しくは直接事務所に出向いて申し込む形となってしまう場合があります。

インターネット申し込みに慣れている人からすると、ちょっと不便に思うかもしれません。
 
dokomokashite468.jpg
 

金利が高い

小規模で経営している消費者金融ですので、金利は貸金業法上限の金利となっている場合が大半です。
審査が甘く、債務性や属性が良くない人にも貸し出す傾向があるのです。
つまり、金利が高くなってしまうのはやむを得ないといえるでしょう。
 

融資金額が少ない

これも金利の話と同様で、債務性や属性が良くない人に貸しだす事となります。
融資金額が少ないのは、やむを得ないことといえます。
借入れ金額は少ない傾向があり、10万円や5万円など、少額融資となってしまう場合もあります。
 
dokomokashite468.jpg
 

1回きりの融資となる場合が大半

大手消費者金融のように、限度額内で何度も融資ができるのとは違い、1回きりの融資となる場合が大半です。
そのため、再度融資を受けたい場合は、その都度連絡をして融資を受けなければいけません。

ほとんどの小規模の消費者金融では、1度ご利用して信用を得ると、2回目からはスムーズに融資をしてくれる傾向があるようです。
 

返済方法が不利な場合が大半

小規模消費者金融の場合は、大手消費者金融のように、毎月口座からの引き落とし返済ということはほとんどありません。返済日に小規模消費者金融の口座に振り込む返済をしたり、直接店舗に向いて返済をすることが大半です。

自分からアクションを起こして返済しないといけないので、返済方法は多少面倒でもあります。
 
dokomokashite468.jpg
 

小規模街金は闇金ではない

小規模の街金を闇金と勘違いしている人もいるようですが、小規模なだけであって闇金ではありません。

しかし、中には闇金のような違法業者も潜んでいるようです。
そのため、正規の消費者金融なのかをきちんと見分けて、ご利用することが大事となります。

小規模であっても、消費者金融の場合は貸金業の許可を持っています。
小規模消費者金融をご利用する際は、ホームページや店舗に出向いた時に、貸金業の許可番号を確認しましょう。
基本的には、正規で頑張っている業者ばかりです。

ただ、小さい規模で細々とやっていると、闇金と間違われてしまうこともあるようです。

いかがでしたでしょうか。
お金がない・借りれない人と思う人は、小規模の消費者金融に目を向けてみましょう。
意外とスムーズに審査に通って、融資を受けることができるかもしれませんよ。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

お金がない・借りれない人が審査に通るためのポイント

お金がない・借りれない人には、審査に落ちてしまった原因があります。
その原因を無くせば審査に通るのですが、改善できない原因という人も多いと思います。

そこで、誰もが改善できる審査落ちのポイントをピックアップして、ご紹介します。
 

借入件数が多い

借入れ件数が多すぎると、カードローンの審査に通らない場合があります。
借入れ件数を少なくすることができるのなら、1件でも借入件数を少なくするようにしましょう。
1番少ない借入額となっているカードローンを返済して、借入れ件数を減らすといいですよ。

たかが1件減ったくらい、と思うかもしれません。
しかし、短期間で1件減らしたことは、個人信用情報機関に記載されるので、消費者金融会社側もその状態を把握することができます。短期間で返済したということは、支払い能力の高さを考慮してくれるので、審査に通る可能性が高くなるのです。
 
dokomokashite468.jpg
 

希望借入金額を下げる

よくある審査に通らない理由として、申し込みの際の希望借入金額が高過ぎることがあります。
希望借入金額は、利用者の収入に似合った金額じゃないといけなく、収入と希望借入金額が明らかにかけ離れている場合は、審査落ちとなってしまう場合があります。

1番の方法は、10万円程度の希望借入金額にすることです。
少ない希望融資金額は、審査に通りやすい傾向があるので、申し込みの際は少ない融資金額で申込みをするようにしましょう。審査が通って使っているうちに、信用が発生するので半年後位には増額申請が可能となります。その時に、徐々に借入限度額を上げていけばいいのです。

特に収入があまり多くない人は、申し込みの際の希望借入金額は、少なめにお願いすべきといえます。
 

延滞や遅延を改善する

他社の延滞や遅延がある場合は、審査に通さない消費者金融業者が大半です。
その理由は、他社のご利用も満足返済できない人に融資しても、返済してもらえる保証がないからです。

遅延や延滞がある人は、まずは、現状の遅延や延滞の状態を改善しましょう。
遅延や延滞を改善すると、意外とスムーズに審査に通る可能性がありますよ。
 
dokomokashite468.jpg
 

総量規制より少ない借入れ金額総額にする

消費者金融には、総量規制という法律が絡んでいます。
年収の3分の1を超えた借り入れはできないことになっております。
ですから、借入れ総額は年収の3分の1以内にしなければいけないと、法律で決まっています。

総量規制の金額近く借入れをしていると、審査に通らない場合があります。
その場合は、少しでも総量規制の上限の金額より、少なくして審査を受けるといいですよ。
総量規制は借入総額ですので、数多くの消費者金融から借入れをしている場合は、その総額です。

多重債務者などの、借入件数が多い人は注意しましょう。
 

審査基準が低い消費者金融に申し込む

中小消費者金融など、審査基準が低い消費者金融に申し込むと、審査に通る可能性が高くなります。
大手消費者金融の審査に落ちたのであれば、中堅の消費者金融。
中堅の消費者金融の審査に落ちたのであれば、小規模の消費者金融に申し込んでみるといいですよ。

審査のグレードが低い消費者金融に申し込むことで、あっさり審査に通る場合があります。
 

申し込みブラックに注意しよう

お金がない・借りれない人は、短期間で複数の消費者金融に申し込んでいることがあります。
一気に多くの消費者金融に申し込むと、申し込みブラックで審査に通らない場合はあります。

1か月に4社以上に同時申し込みしていると、申し込みブラック状態になってしまうので審査に通らないことがあります。この場合は、半年以上期間を置くと申し込みブラック状態が消えます。
申込みブラックの期間は、いくら属性や債務性が良くても、審査には一切通りません。
その理由は、1度に数件も消費者金融に申し込む人というのは、お金によほど困っている人と思われてしまうからです。そのような人に融資をしてしまうと、返済してもらえるかわからないので、信用ができない人と判断されて審査落ちとなってしまうのです。

いかがでしたでしょうか。
これらの原因であれば、努力次第で改善できると思いませんか。
改善できる部分は改善して、消費者金融の審査に通るようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

お金がない・借りれない人はネームバリューが無い金融業者を利用しよう

お金がない・借りれない人は、ネームバリューのない金融業者を利用してみるといいですよ。
意外とスムーズに、審査に通ることがあります。

ネームバリューがない金融業者には、有名な大手金融業者にはないメリットが多くあります。
お金がない・借りれない人が、ネームバリューが無い金融業者を利用してほしい理由を、ご紹介します。
 

お金がない・借りれない人にピッタリ!ネームバリューのない金融業者

ネームバリューが無い金融業者というのは、TVなどのメディアには一切出ていない金融業者です。
いわゆる、規模が小さめの金融業者であり、各地方で地道に営業をしている消費者金融です。
 
dokomokashite468.jpg
 

柔軟な審査

ネームバリューが無い金融業者は、柔軟な独自審査を取り入れている業者が大半です。
全く有名な金融業者ではない分、審査が、甘めの傾向があります。

大手などのネームバリューのある金融業者のようにメジャーではありません。
よって、ご利用する顧客の数も少なく審査レベルを低くしないと、顧客を掴むことができないからです。
そのため、レベルの低い審査にして、多くの申し込み者を掴むという考えをします。

ほんの少しでも支払い能力があれば、融資を行う傾向があるので、他社では借りれない人でカードローン審査に落ちた人でも、審査に通る可能性が、非常に高いです。
 

お金の相談もしてもらえる

ネームバリューが無い金融業者は、お金の相談にも乗ってくれます。
借金が多くて困っているなど、お金にまつわる悩みの相談に乗ってくれる金融業者は多くあります。
小規模の金融業者なので、アットホームで人情あふれる対応をしてもらえますよ。
 

ブラックの人でも対応してくれる場合もある

ネームバリューが無い金融業者は、ブラックの人でも少し前のことであれば、審査の対象としてもらえることがあります。自己破産や債務整理などブラック状態の人でも、1年以上前のことであれば、昔のことと判断してもらえる傾向があります。
1年以上前のことであれば、現在の支払い能力には影響しないだろうと判断してもらえるのです。

そのため、ブラック情報があることで、審査落ちしてお金を借りることができなかった人でも、審査の対象となる可能性があります。
 
dokomokashite468.jpg
 

ネームバリューが無い金融業者の探し方

ネームバリューが無い金融業者の探し方は、ネット検索やタウンページで探すと見つけることができます。
近年はネット社会ですので、インターネットにも、多く掲載されています。
評判も載っていることもありますので、評判も含めて理想のネームバリューが無い金融業者を探して、ご利用してみるといいですよ。

1つ注意してほしいのは、闇金と出会ってしまうことです。
ネームバリューが無い金融業者の中には、闇金のような違法業者も混じっていることがあります。
その業者は貸金業の許可を持っている業者なのかを調べて、安心してご利用できる金融業者を選びましょう。

いかがでしたでしょうか。
お金がない・借りれない人は、ネームバリューが無い金融業者に目を向けてみましょう。
意外と審査が通る可能性があり、お金の都合を付けることができるかもしれませんよ。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

お金がない・借りれない人がつかまりやすい闇金

銀行カードローンや消費者金融の審査に落ちてしまうと、どうにかしてどこからか、お金を工面しないといけないと思います。しかし、どんなにお金に困っても、絶対にご利用してはいけないのが闇金です。

闇金は絶対にご利用してはいけない理由を、まとめてみました。
 

お金がない・借りれない人でも絶対利用してはいけない「闇金」

闇金というのは、正規の金融業者ではない違法業者です。
貸金業を行うためには、貸金業の許可番号が必要なのですが、闇金のような違法業者は貸金業の許可番号は持っていません。貸金業法から許可をもらっておらず、違法な状態で貸金業を行っています。

貸金業にのっとった営業を行わないので、やりたい放題の貸金業行います。
一般的な消費者金融では考えられない、以下のような対応をしてきます。
 
dokomokashite468.jpg
 

法外な利息の請求

消費者金融の利息というのは、貸金業法で決められています。

しかし、闇金は貸金業法の許可を持っていませんので、自分たちの都合のよい利息で融資をします。
法外な利息でも、返済出来れば問題ないと思うかもしれません。

ですが、闇金というのは、最終的には返済できない程膨れ上がってしまうほどの利息や、融資方法で利用者を窮地に追いやるような手口で、融資をしてきます。それは、素人では対応できない程の手口のひどさで、どなたであっても絶対に対応はできません。
 

押し貸しなど考えられない融資をしてくる

闇金などの悪徳業者で、よくあることといえば、押し貸しなどで勝手に融資をしてきなりなど、避けることができない融資をしてくることがあります。もちろん、断ることができない融資であり、どんどん借金の額が膨れ上がってしまいます。
 

恐喝に近い取り立て

恐喝に使い取り立てというのは、貸金業法で禁止されています。

しかし、闇金は貸金業法にのっとらないので、今でも恐喝に使い、取り立てを平気でしてきます。
顧客が返済できない状態においやり、恐喝をして相手を追い込むのです。
こうなると、素人では太刀打ちできません。

このように、闇金は利用者の身の危険が、心配されるような方法を平気で取ってきます。
素人では絶対に対応はできませんので、絶対に利用しないようにしましょう。
 
dokomokashite468.jpg
 

甘い言葉ばかり表に出ているのは闇金などの悪徳業者

ホームページなどで甘い言葉が書かれていると、利用したくなってしまう人もいると思います。
ブラックでもOK、誰でも即日融資など、このような言葉って良心的な業者って思うかもしれません。

しかし、甘い言葉などを並べている金融業者というのは、闇金などの悪徳業者の可能性があります。
正規の消費者金融は、甘い言葉を前面に出して顧客を募ろうとは思わないからです。
そのため、甘い言葉ばかりを、前面に出している金融業者は疑うようにしましょう。
気になる場合は、貸金業の登録番号や固定電話、住所の記載がホームページにあるか確認しましょう。

また、ネット上での口コミの評判もチェックし、正規の金融業者なのかを調べるようにしましょう。
ちょっとでも怪しいと思ったらご利用は避けるべきといえます。
 

お金に切羽詰まっているからこそ慎重に対応しよう

お金がない・借りれない人は、お金に切羽詰まっているので、貸金業者を見分ける能力に欠けてしまう傾向があるようです。どんなにお金に困っていても、困っているからこそ強い意識を持って、慎重に考えて借入先を検討する必要があります。

いかがでしたでしょうか。
お金がない・借りれない人は、お金に切羽詰まっているので、闇金に引っかかってしまう傾向が強いようです。
しかし、闇金だけは絶対に利用してはいけません。
自分の身を守ることができるのは、自分の知識のみです。
闇金に関わらないよう、正規の金融業者をしっかり見分けて、ご利用するようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

お金がない・借りれない人はおまとめローンを検討してみよう

お金がない・借りれない人は、おまとめローンのご利用を考えてみませんか。
もうどこからも、お金を工面できないのであれば、おまとめローンが1番良い方法かもしれませんよ。

お金がない・借りれない人に、おまとめローンをご利用してほしい理由をまとめてみました。
 

お金がない・借りれない人に、利用してほしい「おまとめローン」とは。

おまとめローンとは、複数のローンを、1本化の目的で使うことができるローンです。
複数ある借金を、1本化して返済していけるので、毎月の支払い回数も1回で支払額も少なく楽になっていきます。
そのため、お金に余裕もできるので、新たにキャッシングせずに済むのです。
 
dokomokashite468.jpg
 

おまとめローンは総量規制外

おまとめローンを使ってみたいけれど、借入れ枠がないから利用できない、と思っている人もいると思います。

おまとめローンは総量規制対象外ですので、総量規制の限度額関係なくご利用ができます。
その理由は、おまとめローンは今ある借金を全てまとめて1つにするローンです。
要するに、新たな借金ではないからです。
そのため、総量規制に該当する借金ではないので、総量規制に関係なくご利用ができるのです。
 

おまとめローンの審査基準とは

おまとめローンの審査基準は、以下のような内容となります。
  • 年収
  • 職業(勤務先)
  • 勤続年数
  • 借入先及びその数
  • 他社借入総額
  • 個人信用情報

この6つが審査基準となり、これらに問題が無ければ審査の対象となります。
例えば、年収はそれほど多くなくてもOKです。

他社借入金額の総額とのバランスが合っていれば、問題ありません。
年収の半分以上の借金がある場合は、おまとめローンの審査通過は厳しい傾向があります。
また、フリーターや個人事業主の場合も、審査が厳しくなる傾向があるようです。
さらに、入社したての人や転職したての人も、審査が厳しくなってしまいます。
 
dokomokashite468.jpg
 

審査低めのおまとめローンをご利用する

おまとめローンをご利用したくても、審査に落ちてしまっては全く意味がないですよね。

おまとめローンは、審査通過率が高いのかというとそうではありません。
商品によっては、審査が厳しいおまとめローンもあるので、注意して選ぶようにしないといけません。
審査の通過が気になる場合は、審査が甘めの消費者金融の、おまとめローンがオススメです。

口コミなどを調べて、審査に通りやすいおまとめローンを選んで、ご利用するといいですよ。
 

利息が少なくなるおまとめローンを選ぼう

せっかく複数の借金をおまとめするのですから、利息は少なくなる方が断然いいですよね。
そのためには、利息が低いおまとめローンの利用を検討しましょう。
そして、おまとめローンご利用の前には利息の計算をして、損をしないのかどうかを調べる必要があります。

おまとめローンの場合は、長期間の返済となってしまいます。
最終的に利息が多くなってしまったというケースは、よくある話です。
利息を少なくすることで、おまとめ前の支払い総額よりも減らすこともできますよ。
しかし、利息が低い程審査も厳しいので、その辺はよく考えて決めるようにしましょう。
 
dokomokashite468.jpg
 

無理のない毎月の返済額のおまとめローンを利用しよう

おまとめローンにしたからといって、月々の返済額が良くなるとは限りません。
そのため、月々の返済額が無理のない返済額になるような、おまとめローンを選ばなくてはいけません。

おまとめローンの大半は、月々の返済額が安くなりますが、意外と安くならなかったなんていう声もあります。
自分の返済能力に似合った返済額になるよう、検討しましょう。
 

総量規制を超えた借金もまとめることができる場合がある

おまとめローンご利用の際に、気になることといえば、総量規制を超えて借金している場合ではないでしょうか。
ほとんどのおまとめローンでは、総量規制以上の借金であっても、おまとめができるとしています。
そのため、総量規制の額を超えた借金の人でも、審査の対象となるということになります。

しかし、現状はきびしい対応となるようです。
審査は厳しくなってしまい、好条件の人じゃないと審査に通らない可能性もあります。
総量規制を超えた借金の人は、申し込みの前に問い合わせておくといいですよ。

いかがでしたでしょうか。
お金がない・借りれない人は、おまとめローンも検討してみるといいですよ。
審査さえ通れば、今の状態よりも数倍楽になりますよ。
 
▲メニューに戻る

dokomokashite468.jpg

関連ページ

dokomokashite468.jpg