どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

キャッシング どこも貸してくれない

2017年10月16日 17時44分

キャッシング どこも貸してくれない 関連記事

 
dokomokashite468.jpg

審査基準を下げてチャレンジ、最終的には債務整理で決まり


キャッシングができるところと言えば、最近は銀行カードローンが人気です。
 

銀行カードローンのメリット

大手消費者金融と比較されることが多いですが、銀行カードローンの法が審査はきついですが、金利が低いです。
信用情報の内容では、一定収入と多重債務ではない、金融事故がないことが原則ですが、公務員や勤続年数が長い方ほど、安定した収入と見なされ審査通過率は高いです。

もちろんパートやアルバイトなどでも申込みができ、専業主婦も申し込みができるのは銀行カードローンのメリットです。
最近審査が厳しくなったとはいえ、メガバンク、ネット銀行、信用金庫、地方銀行などでのカードローンは申込みも簡単です。
ブラックではないことを条件に借りやすい環境も整っています。
 

ブラックVSホワイト

簡単に銀行カードローンといいますが、実は審査は難関です。
高い収入は返済能力の高差が要求されるのですが、アルバイトなどでも一応審査通過もあります。
信用情報でホワイトであることが必要です。

例えば、過去のキャッシングをしていた、事故もなく完済。
クレジットカードのショッピング枠を利用している、返済は順調というような方の審査は期待ができます。
そうではなく、現在大手消費者金融でキャッシング、最近返済日に遅れた、中小消費者金融の借入がある方は、銀行カードローン審査は無理でしょう。
実際の審査内容は、公表されないのですが、敷居は高いです。

しかし、低金利部分では魅力ですし、ネット銀行キャッシングは、すぐにでも契約ができそうな内容です。
一応、ブラックでなければ、申込みだけしてみるのも良いでしょう。
特に専業主婦は、銀行カードローンしか、自分のカードローンとして持つことができませんから、チャンスと言えばチャンスです。
 

銀行カードローン審査落ち後は大手消費者金融に行ける

大手消費者金融の審査の方が借りやすいので、銀行カードローンがダメなら、次があると言う選択は有効です。
ブラックではないことを前提ですが、銀行カードローンも大手消費者金融もブラックは審査落ちになります。
自身でブラックの自覚があるのなら、中小消費者金融もお勧めですが、返済ができるという収入があること。

その収入も収入証明書が出せるものであることが必要です。
だんだん審査基準のハードルを下げていくことになりますが、最終的に中小消費者金融の審査落ち後は、債務整理しかないです。
 

どこ貸してくれないから、どこへ行こう?

審査がないキャッシングを探し求めると、個人間融資やヤミ金に行くことになります。
債務整理は返済が楽になるけれど、お金を入手できない。
個人間融資なら、返済も待ってくれるかもしれないから、ブラックでも大丈夫と思っている方も多いです。

審査はないのですが、貸金業法などもなく、利息の保証も相手の身分もわからないです、
噂によると、個人間融資もヤミ金が多いとのことですから、簡単に仮に行くことはお勧めできません。
審査の甘い中小消費者金融での借入ができない時点で、キャッシングは無理、諦めることが肝心です。
債務整理しかないと思うことが真っ当な生き方です。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

審査の甘い中小消費者金融と言うけれど


ブラック対応の中小消費者金融では、優良消費者金融も多いです。
口コミ情報では、金融機関ごとの情報も多く、ブラックでも一般金融で正規金融業者で利用ができるとされています。
カードローンではないところが多いですが、小口融資を対象としてブラックや金融事故者にもキャッシングを提供しています。
 

返済額が総量規制範囲内であること

中小消費者金融の甘い審査では、収入があることと、総量規制範囲内であることは絶対です。
これが信用力の最低条件であり、金融会社としてもこの点は譲れないです。
貸金業法を守って営業している限り、総量規制と収入の確保はない方は審査落ちです。
 

債務整理には好意的

自己破産、任意整理、個人再生などの債務整理経験者に関しては、中小消費者金融の門戸は広いです。
窓口相談も対応していて、自己破産をして現在は返済がゼロ、収入はありますが、借りることができますか?という申込みに関しては、多分中小消費者金融では審査通過です。

多重債務者や総量規制範囲にはうるさいですが、債務整理できちんと法的な手続をとった方に対しての中小消費者金融の態度は有効的です。
これぞブラック対応業者の理由の一つです。
 

延滞者はNG

総量規制、収入では厳しいのですが、延滞者は中小消費者金融の借入ができないとされています。
各種支払いができそうもないから、事前に中小消費者金融に申込む。

支払いができなかった、延滞したから中小消費者金融に申し込むでは内容が違いすぎます。
延滞は個人信用情報機関に異動情報とし記録され、金融事故でも重症です。

延滞したままの中小消費者金融の申込みでは、どんなに理由を付けたとしても審査落ちです。
債権者としては、どんな形でも支払いができる返済能力がないと貸してくれないのですから、できれば中小消費者金融に申し込むときには延滞してからは無駄です。

また、延滞は記録として残りますから、延滞したあとの銀行カードローンと大手消費者金融の契約もしばらくできない状態が続きます。
 

ブラックの理由によって対応が変わる中小消費者金融

中小消費者金融はブラック対応ですが、金融事故の内容で審査の可否が大きく左右されることになります。
債務整理だけは、なんとか審査通過ができそうですが、総量規制オーバー、延滞などの金融事故に関しては、借りられない金融業者です。

また、返済能力がないとだめなので、専業主婦の配偶者貸付制度は、配偶者の一定の収入と信用情報が深く関係します。
また、収入があっても、きちんと収入証明書がないと証明にならないですし、転職したばかりでも対応しないです。
審査が甘いと言っても、いろいろ注文がある、そんな感想をお持ちの方も多いですが、なんと言って貸したものを返す人にしか貸さないのは当然のことでしょう。

審査が甘いだけで、それは一部であり、根底は貸金業法の法律に則って、大手消費者金融と変わらない部分もあるのです。
キャッシングは甘くないのです。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

中小消費者金融でも審査落ちする3つのNG


消費者金融では簡単に借りれそうに宣伝をしています。
実際に1時間程度で即日融資が可能で、カードローンの利用ができます。
当社規定の審査に通ればですが、大手消費者金融では収入があり、信用情報で金融事故がなければ借りれるのです。

ただ、多重債務者や債務整理者などで、ブラックと判断されたら審査落ちです。
平均審査通過率が50%と聞くと、申込みした半分の方は借りれていない。
そんなに簡単じゃないようです。
 

何が原因で審査落ちになるの?

総量規制範囲内、多重債務は2社程度で引っかかることが多いようです。
消費者金融を身近な存在にした大手消費者金融ですが、イメージとしてお金を借りる罪悪感などは感じません。
しかし、借り過ぎに注意しましょうとアナウンスはありますが、初めてのキャッシングではとても簡単にすぐに借金ができます。

そして、多重債務も2回程度はできますし、返済がうまく行けば、総量規制範囲内の借入は簡単です。
借り過ぎ注意はわかっているけれど、つい借りすぎてしまう、そんな方も多いでしょう。
借り過ぎ、総量規制オーバーの申込み、多重債務など、大手消費者金融で借りれない理由も簡単に作ることができます。

債務整理に関しては、最初から5年以上のブラックリストは覚悟の上です。
多重債務と総量規制を気をつけることで、大手消費者金融の審査落ちを回避することができます。
 

審査落ちになったとしたら

大手消費者金融の審査落ちは中小消費者金融での借入ができると言われています。
ブラック対応業者で、カードローンではなく振込キャッシングですが、ブラックでのキャッシングができる方は多いです。

しかし、大手消費者金融で総量規制オーバーでの審査落ちの場合、中小消費者金融でも審査落ちです。
債務整理の方は借りられる可能性は大きいですが、総量規制に関しては残念ながら借りれないです。
案外とあっさりと審査落ちになってしまいます。

信用情報としては、中小消費者金融における総量規制の規定は厳しいのです。
ブラック対応と言っても、総量規制の他に延滞や無収入などでは甘い審査を受けても審査落ちです。
口コミ情報などでも、審査落ちの報告は案外と多く、その原因が上記のことがほとんどです。
返済額が大きくなるにつれて、金融業者としては、金融事故者だから審査落ちではなく、返済ができない危険性があることで、借りられない状態になります。

中小消費者金融の審査に通らないと、街金に行けば良いとの口コミも存在しますが、中小消費者金融と街金と同じです。
ただし、甘い審査と極甘審査があり、少し注目ですが、極甘審査でも総量規制、延滞、無収入の方は審査落ちです。
金融会社として正規金融業者であるほど、この3つの規定は厳しいものです。
中小消費者金融審査落ち後は債務整理しかないです。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

ごまかしは聞かない審査の世界


キャッシング申込みをする、審査を受ける、お金借りる。
信用情報データベースを基本として審査はそれぞれの金融機関や金融業者で基準が違います。
日々更新される情報を元に、今日も誰かの信用情報が閲覧され、審査の合否が決まっています。
 

個人信用情報機関の存在

金融業者が共通する情報として、互いに申込者のデータを記録している情報機関です。
現在審査をする上で、個人信用情報の内容で審査が決まると言っても過言ではないです。
銀行カードローン審査は厳しい、中小消費者金融ではとても甘いというようになっていますが、金融会社では独自の方法での審査で、合否を伝えます。

ブラック対応業者の中小消費者金融では、申し込みしてきたときにブラックリストでも借りられる金融業者です。
それを聞いて、どんなブラックでもOK?と誤解される方が多いですが、ブラックでも審査対象になり、合否はわからないです。

多重債務で返済額が多額だったり、総量規制の余裕がないなどの理由で審査落ちする方もいます。
ブラック対応業者というのに、僕のブラックは審査落ち。
話しが違うと文句もでますが、正確にはブラックも審査を受けられるだけです。
大手消費者金融審査落ちで、とんでもない多額の借入があったり、無収入などでは、どこも貸し紅でしょう。

担当者にしてみても、残念ですが、今回は審査落ちですと。
最初の信用情報の内容だけではなく、申込み内容で確認されてしまいます。
200万円の年収で、100万円の借入金額であればOUTです。
 

金融ブラックリストとは?

ブラックリストは俗称ですが、金融事故者です。
その程度はいろいろで、ブラック対応の中小消費者金融では、軽いブラックの人の審査通過ができるといったほうが良いでしょう。
ちなみに、極悪ブラックでも審査を受けることができます。

ただ、受けたとしても審査落ちであれば、無駄な抵抗ということです。
債務整理経験者は比較的審査通過はしますが、先月に債務整理をしたとか債務整理後、すでに借入していて、多重債務の申込みなどでは、借りれないこともあるかもしれません。
 

無収入は審査対象ではない

働いていないと貸してもらえない。
それをわかっていて、前職での在籍確認を依頼をしたりするのは違反です。
また無職が、キャッシング審査のための在籍確認ができるよう、在籍確認を請け負うダミー会社もいます。

すべて偽造の書類を作成し、無収入や転職者に対して、嘘の職業を演出するものです。
現在、消費者金融や銀行カードローンでは、こうした企業の名前や電話番号の情報を持っています。
それを知らないで、ダミー会社の利用をすると、審査落ちは当然ですが、信用情報の虚偽申請のブラック情報が加わります。
仕事をしていないと条件が悪く審査落ちです。

悪いことは考えないことです。
不正は絶対にバレて、返ってくるものも大きすぎます。
ダミー会社の情報は、金融業者で共有されています。
変なことは考えないことです。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

審査落ちはとにかく債務整理


金融庁に登録している正規金融業者でのキャッシングは安心です。
中小消費者金融であったとしても、貸金業法の範囲内の貸金で、利息も20%以上は取ることはないです。

また、ヤミ金ではないため取り立てなども一応は常識範囲内です。
途中支払いに苦慮した場合は、正直に話すことで、対応してくれるなど、真摯な態度で接することです。
中小消費者金融の存在は、ブラックも借りられるとして注目されている金融業者です。
 

審査が甘いで有名

銀行カードローン審査や大手消費者金融審査で通らなかった方が、借りれる可能性を信じて中小消費者金融に行くようです。
ブラック対応業者と言えば、金融ブラックリストでも審査をしてもらうことができます。

例えば、多重債務で大手消費者金融審査落ちした方が、総量規制範囲の数万円のキャッシングができた。
よくあるのが、自己破産後2年でキャッシングができたという債務整理後の審査通過です。
きちんと債務整理をして、ブラックまで5年以上あるけれど、甘い審査ではキャッシングができる場合は多いです。
違反ではないのです。
 

ヤミ金との大きな違い

ブラック対応ではヤミ金と同じですが、審査があり、在籍確認があり、延滞していたらキャッシングNG、利息制限法20%は厳守、そして総量規制範囲内が中小消費者金融の融資です。

ヤミ金はなんでもありです。
無収入でも貸してくれるところは多いですが、金利は100%超と言われています。
返せないのなら、銀行口座を売ってくれ、携帯電話と契約して器械だけを送れなど段々と犯罪になっていくことが多いです。

審査はないですが、ヤミ金利用に関しては、絶対に損をする取引ですから、相手にしないことです、
個人間融資でもヤミ金が多いようで、できれば中小消費者金融の審査落ちで、その後のキャッシングは考えないことです。
 

審査落ち後は債務整理

本当のことを言えば、大手消費者金融審査落ちで債務整理がベストです。
金額も少なく、返済もあまりないのなら、さっさと債務整理です。
中小消費者金融でのキャッシングも良いのですが、返済能力に不安があったり、金融業者によっては審査落ちがある場合も。

それでしたら、任意整理程度なら、債権者に話しをするだけで対応が完了します。
何と言っても、借りれない状態で、個人間融資、ヤミ金に行くことは決して賛成できることではないのです。
貸金業法改正で利息なども抑えられているのですが、債務整理も堂々と債務者の権利ですから、進んでブラックになって、それからあとのことは考えて下さい。
返せない借金を作ったのは自分であり、その後始末としての債務整理です。
 

▲TOPにもどる
 

dokomokashite468.jpg

dokomokashite468.jpg