どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

お金が借りれないとなったら、行うこと

2018年08月02日 16時51分

現在カードローン、消費者金融で借金をしている多重債務者にとって、月々の返済は大変な思いをしているでしょう。利息が元金を上回って借金返済をしているのですが、その返済に困ったからと言って、新たに消費者金融などの借入を考えているとしたら、それはしない方が良いです。

最近耳にする債務整理という言葉。これは自己破産などで借金返済をなくすだけではなく、債権者との話し合いから、債務者にとって“健全な返済”を目指すものです。自転車操業的なお金の借り方は、いずれ破綻を招きます。それが自己破産なのであれば正当ですが、この行為は失うものも大きいです。そうではなく、債務整理入口は任意整理です。

カードローンなどの使いすぎで、もうお金が借りれない、今借りれないと、違う消費者金融の返済ができないという事態になった時、もうダメだ、自己破産ではありません。まずは、そのカードローンに相談です。返済ができないことを伝えて、どうしたら良いかを話し合います。

この時、債権者の言うなりの返済計画に従うのもありですが、それでは債務者の得は少ないです。債務整理が債務者の“健全な返済”というのは、債務者が返済しやすい金額にコントロールをするからです。それが債務整理なのです。そして、この最初に行う債権者への相談で、返済が難しいので、利息カットはできないか?と持ちかけるのが、任意整理の基本です。

金融会社にしては、債務者の勝手な言い分ですが、あくまでも元金は返済すると言っているのです。このことを強調しながらの交渉をするのが、債務整理の任意整理です。多重債務者で新たな申込みができないというときには、是非この任意整理の相談をすることを考えてください。
 
dokomokashite468.jpg
dokomokashite468.jpg