どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

カードローン どこも通らない

  1. 属性が低いと銀行で借りることができない
  2. カードローンどこも通らない
  3. 消費者金融会社のカードローンで借りる
  4. ブラックでも借りれる?
  5. カードローンどこも貸してくれないとき
 
dokomokashite468.jpg
 

属性が低いと銀行で借りることができない

お金を借りるとなったら銀行から借りるのが一番です。なによりも金利が低いところがメリットなのです。

もっとも、金利の比較を消費者金融会社のカードローンと銀行カードローンの金利を比較してみても、1%から2%くらいしか違わないことに気がつくでしょう。実際にはその程度なのですが、これが数百万円のローンとなり返済期間が長くなればなるほど金利が1%でも違う恩恵に気づくことになるのです。

それと、銀行カードローンで借りたいのは世間体の部分が大きいでしょう。消費者金融会社は、今でもサラ金のイメージが抜けきらないところがありますし、金利が高いことと消費者金融会社でお金を借りていると、お金に困っている人、お金にルーズな人と思われがちなのです。

お金に困っていることには変わりはないのですが、それは銀行も同じことでしょう。お金に困っていなければお金を借りることもないですし、いつも現金払いをしておけばいいのです。カードローンの場合は基本的にローンカードが発行されます。これはクレジットカードと似ていますが、ローンカードのほうはキャッシングしかできません。

クレジットカードのようにショッピングでも使えるというわけはないのです。そのため使い勝手の悪い印象を与えがちですが、買い物がローンカードではできないというだけで、お金を出金してそれを使えばいいのですから、それほど利便性で不利になるということはないでしょう。

消費者金融会社のサラ金のイメージはバブルの時代に遡るので、30年くらい前となります。当時はいま以上に消費者金融会社はサラ金と呼ばれていましたし、消費者金融会社の数も3万社を超えるくらいあったのです。これがどのくらいたくさんかというと、現在の消費者金融会社の数が2千社に満たないことを考えても、30年前の消費者金融会社の数は文字通り桁違いに多いということなのです。

その消費者金融会社の数がここまで激減したのは、消費者金融会社をとりまく環境が大きく変わったのは間違いありません。また、消費者金融会社は今よりも当時のほうがより厳しい取り立てをしていたのです。結果としてそういった強引な取り立てが自らの首を占めたと考えていいでしょう。

消費者金融会社は過払い金請求や総量規制、グレーゾーン金利の廃止などの向かい風を数多く浴び、その多くは廃業していく中で2,000社近くの消費者金融会社が淘汰されながら生き残ったということになります。

銀行に話を戻しましょう。銀行カードローンのメリットは金利の低さにあるのですが、誰でも銀行カードローンから融資を受けることができるわけではないのです。銀行カードローンの審査は厳しく審査通過率も決して高くはありません。言うなれば正規雇用されている人は銀行からお金を借りやすい、つまりは銀行カードローンの審査に通りやすいということになります。

一方で、パートアルバイトや契約社員、派遣社員の人でしたら、銀行カードローンの審査に通るのは難しいと考えた方がいいでしょう。非正規雇用の人が収入が少ないというのも一つの理由ですが、それ以上に大事なことは、非正規雇用の人が、雇用の保証がされていないということが問題なのです。雇用契約についても、正規雇用の人のように無期契約ではなく、非正規雇用の人の雇用契約は有期契約なのです。

それが3ヵ月ごとの更新であったり、6ヶ月後と、あるいは1年ごとの契約の更新となるかもしれません。いずれにしてもそのときに会社側が更新をしなければ即座に退職ということになってしまうのです。このことから、雇用が企業から保証されていないということがわかります。

銀行は安定した収入のある人というのを基本的に正規雇用されている人と解釈している節があるので、そういった面でも非正規雇用の人は銀行カードローンの審査に落ちやすい、言うなれば通りにくいということになるのです。それでは、正規雇用されている人だったら誰でも銀行カードローンの審査に通ってお金を借りることができるのかということですが、属性が良ければお金を借りることができるでしょう。

一方で属性が低ければ正規雇用されている人であっても銀行カードローンの審査に通ることはありません。例としては正規雇用だから銀行からお金を借りやすいということで複数の銀行からお金を借りた場合です。申込者に他社借り入れがあるかどうかは信用情報機関に申込者の照会を行うことですぐにわかります。複数の債務があると銀行は途端に財布の紐を締めてしまいます。正規雇用の人でも銀行からお金を借りることが難しくなるのは、他に借金を作ってしまうからです。

複数の債務があるときは、できるだけ早くおまとめローンなどを利用して借金の完済に努めるようにしなくてはいけません。いずれにしても銀行からお金を借りるのは至難の業なのですが、ダメ元で誰でも最初は銀行カードローンで借りることができないかということを模索するのもいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

カードローンどこも通らない

カードローンの審査にどこも通らないときはどうしたらいいでしょうか。まず銀行カードローンですが、これは最初から審査基準が高いので、属性に不安のある人は審査に通ることは難しいかもしれません。

特にパートアルバイトの人でしたら、審査に通ることはないか、できるだけ少額融資で申し込みをすることで、審査に通る可能性があります。銀行カードローンは融資額が10万円からとなっているので、10万円を借りるための融資の申し込みとなります。

このくらいなら、属性が低くて銀行カードローンの審査に通りにくいとされているパートアルバイトの人でもカードローンの審査に通るかもしれません。

また、正規雇用の人でしたら属性が高いので、いつでも銀行カードローンからお金を借りることができると思っているかもしれませんが、正社員の人は審査に通りやすいのでお金をついつい借りてしまって、複数の債務がある場合、さらに新規で銀行カードローンに融資の申し込みをした場合、銀行カードローンの審査に通らないでしょう。

銀行は複数の債務のある人については、借金癖があるとして審査基準を厳しくするのです。また、昨今では銀行カードローンは融資のしすぎではないかということで、金融庁からの通達もあり、自主的に総量規制を行っている銀行もあるようです。一般的に公表されていませんが、総量規制の自主規制をしている銀行があるということを覚えておいたほうがいいでしょう。

複数の債務がある場合はできるだけ、借り入れ件数が少ない内におまとめローンなどで債務を一本化しておいたほうがいいでしょう。さらに借り入れ件数が増えると多重債務者ということになって、おまとめローンの借り入れもできなくなってしまいます。正社員など元々属性の高い人はいつでもお金を借りることができると、自分の信用情報を過信してしまうことがよくあります。

確かに借りやすいのですが、借り入れ件数が増えて多重債務者になると銀行から借りることができず、資金繰りに困ってしまい、さらに消費者金融会社からお金を借りるという負のスパイラルになってしまって、債務が増え、最終的には債務整理から自己破産というケースもあります。属性の高い正規雇用されている人でもこういったケースがあるので、気をつけたほうがいいでしょう。

また、銀行カードローンの審査に落ちても消費者金融会社のカードローンがあると思っている人も多いのですが、債務件数が多くなると消費者金融会社のカードローンの審査も通りにくいです。債務件数が多くなると、返済能力が著しく落ちるので、貸す側としては返済能力というのを常に重視しているので、消費者金融会社といえども返済能力の落ちた人にはカードローンの融資をしないのです。

このようなことからも、複数の債務があればできるだけ早い内におまとめローンなどで債務を一本化するか、既存の債務をできるだけ早く完済するようにしたほうがいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

消費者金融会社のカードローンで借りる

銀行カードローンで借りることができない人は、必然的に消費者金融会社のカードローンに頼ることになります。審査基準も銀行カードローンよりも低いので、属性の低い人でも借りやすく審査に通るのも難しくないでしょう。

銀行カードローンの審査に通らなかった人の受け皿的な位置づけにもなっているのも、消費者金融会社のカードローンの特徴と考えていいでしょう。もっとも、金利の低さだけが銀行カードローンの優れているところかもしれません。他の部分では、消費者金融会社のカードローンのほうが優れている面が多いのです。

カードローンはもともと消費者金融会社が開発した金融商品です。それを長い年月で熟成してきて、消費者金融会社のカードローンの使い勝手の良さは銀行カードローンを凌駕しているといっていいでしょう。また、申し込み方法も多彩で店頭や、WEBから、さらには電話でも申し込みが可能です。

そして、大手消費者金融会社がずっと維持してきたのが無人契約機です。主要都市のあちこちに無人契約機が設置されているので、申し込みに困ることはないでしょう。24時間365日稼働していて、融資も当日の22時までに手続きを終えれば即融資が可能です。ローンカードが発酵されるので、それをもってコンビニATMで出金ができるのです。書類などに不備があると、審査に通らないので事前によく確認して、特に本人確認書類は必須なので忘れないようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

ブラックでも借りれる?

返済を延滞して、あげくに返済不能となると、金融事故者として金融事故情報が信用情報機関に記録されます。融資の申し込みをする際には、どこからでもその金融事故情報を照会することができるので、その情報がわかればその時点で審査NGとなってしまいます。

これを金融ブラックと呼んでいるのですが、この金融事故情報が消える向こう5年10年は、新規でお金を借りることはできないとされているのです。気にせず消費者金融会社に申し込みをしても、審査落ちするのがおちです。

それでも中には、消費者金融会社のローンにブラックでも通ったという、口コミサイトの書き込みを見ることができます。それは、その消費者金融会社が独自審査をしている場合です。これは信用情報機関に照会しない審査方法です。

それでは何を審査基準にするのかというと、電話による在籍確認のみで審査を行っているのです。正確には収入証明書などの書類の提出がありますが、他には本人確認書類以外必要はありません。独自審査をしているのは、中小消費者金融会社や街金で、信用除法に触れることがないのでブラックでも借りやすいということです。

しかし、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、そのあたりは注意したほうがいいでしょう。少なくとも働いて収入を得ていないとお金を借りることはできません。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

カードローンどこも貸してくれないとき

カードローンに限らずローンも審査に通らないときは、ネットの個人間融資掲示板を利用するという方法もあります。

個人間での貸借りとなるのでリスクがありますが、貸す側のリスクのほうが大きいのと、個人間とはいっても個人情報を伝えなくてはいけないので、相手の信用度を借りる側もしっかりと量らなくてはいけません。

双方納得できれば、お金の貸借りもスムーズで、困った時、少しでもお金が必要なときにとても便利といえます。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg

審査基準の違いで借りれることもある

2018年09月28日 16時40分

カードローンには種類があります。 カードを使って、審査で決定した限度額を自由に出し入れできるキャッシング。 審査では、まずは年収から限度額が決定します。     …

大手消費者金融審査落ち、我慢できますか?

2018年09月28日 16時45分

消費者金融業者では、それぞれの審査がポイントです。 信用情報機関の事故情報があると借りれないのが、大手消費者金融と銀行のカードローンです。 カードローンの審査は厳しいとされるのは、この金融事故の有…

審査落ちは多重債務と総量規制でなにかあった?

2018年09月28日 16時49分

借り入れできない。大手消費者金融カードローンの審査落ちはショックです。 事故情報があることが多いですが、その理由は人によって違います。 間違った申し込み内容だった、これだけで審査に通らない人も…

金融事故がないのに借りられない?

2018年09月28日 16時53分

信用情報で金融事故がなくてもカードローンの審査に通らないこともあります。 金融事故とは、借り方と返済のトラブルがあることですが、項目はとても多いです。     総量…

審査落ちの原因は最悪なこと 

2018年09月28日 16時57分

申し込みしたときには、完済ができると思ったけれど、途中で完済ができないこともあります。 返済ができないときに、黙ったまま延滞をしてしまう。気持ちはわかるのですが、一番してはならないことです。 &n…
dokomokashite468.jpg