どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

借入が多くどこも貸してくれない

2017年10月05日 15時23分

借入が多くどこも貸してくれない 関連記事

   
dokomokashite468.jpg

借金が多くどこも貸してくれない 審査

軽い気持ちで銀行カードローンでお金を借りると、いい感じに買い物ができたりちょっと贅沢できたりするので、いい気になって使っていたら限度額いっぱいまで借入してしまい、新たに消費者金融でカードローンを作って、またお買い物、足りなくなるとクレジットカードを使ったりキャッシングをしたり。

こんな生活をしていると、気が付いたら借り入れが4~5件になっていたということがあります。
実はこのようなタイプの人がとても多いのです。
というのも、ATMからカードを使ってまるで自分の貯金を下ろすかのように簡単にキャッシングできるので、頭ではわかっていても誘惑に負けてしまう人や簡単に、ハードルを越えてしまう人が多いのです。心当たりのある人もいるのではないですか?

ヤバイと気が付いた時にはかなりの借金合計額になっていて、返済が遅れがちになってしまうと金融ブラックまっしぐらです。

多重債務者となってしまうと、借金返済のために生活費が足りなくなって大手消費者金融に申し込んでも銀行カードローンに申し込んでも審査落ちの原因になる事間違いなしです。

専業主婦の人にも配偶者に内緒でお買い物をしてこんなことになっている人もいるようです。
女性では借金返済のために風俗やキャバクラで働いているという人は多いようですよ。

こんなブラック状態でも融資を受けられる正規の金融業者はあるのでしょうか?
あるとすれば中小消費者金融や街金融だと思います。中小金融や街金には各企業で独自の審査基準があります。

他社借り入れが多くても申込者に返済していけるだけの収入が毎月あったり、担保となるものがあったりで貸し倒れることはないだろうと、申込先が判断すればブラック対応で融資をしてくれる業者があるのではないかと思います。

借りられるかどうかの判断は業者がすることなので、我々は可能性があるとしかいいようがありません。
業者によってはまとめローンに借り換えることを勧めてくるかもしれません。
一度一本化して毎月の返済の負担を軽くするのもいいかもしれませんね。

金融事故が原因でどこからもお金を借りることが出来なくて困っている場合は、債務整理も視野に入れて借金専門の弁護士に相談するという方法もあります。
借金減額の方法もありますので、プロに相談してみることをおすすめします。
無料匿名相談もあります。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

借り入れが多くどこも貸してくれない 消費者金融

現代は自宅に居ながら振り込み融資でお金を借りれる時代ですし、カードローンではATMからまるで貯金を引き出すかのようにキャッシングできる時代ですので、借りすぎてしまう人は多いようです。
借りてばかりで返済が追い付かず長期延滞をしてしまうと信用情報機関の金融ブラックリストに記録されてしまいます。

また、他社借入が多すぎることも金融会社審査落ちの原因になってしまいます。
つまり、借金返済のためにお金を借りたくて申し込みしても審査に通らず借りれないという大変困った状態になってしまいます。

その対策を考えようとネットを見ていると、クレジットカードの現金化というのが目に入ると思いますが、危険な落とし穴ですので手を出してはいけません。

クレジットカードの現金化を説明すると、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、キャッシング枠は既に使ってしまっている人も多く、今回はショッピング利用枠を使うというものです。

ショッピング枠で商品を購入させ、業者がそれを購入代金より安い価格で買い取るのです。
その買い取ってもらった金額が現金として手元に来るというわけなのですが、そもそもショッピング枠をこのように利用することはカード会社が認めていないので
カード利用停止になる可能性があります。

もっと怖いのは手数料という名目で業者に間を抜かれ、ほんの少しの現金しかもらえないとか、現金のキャッシュバックをしないなどという悪徳業者に引っかかる可能性が非常に高いのです。

のどから手が出るほど欲しい現金でも、詐欺業者に騙されて余計に損をするなんてばかばかしい事なので、決して引っかからないように気を付けてください。

それよりも、審査が甘い中小消費者金融に申し込みすれば借入できる可能性はありますし、正規の金融業者なので安心なのではないかと思います。
中小や街金の中には金融事故経験者にも融資をするブラック対応業者が存在します。
そういった業者であれば延滞者などにも融資をしてくれる可能性があるのです。

とはいっても、中小業者に片っ端から申し込むような事をしないでください。申込ブラックになってしまいます。
申込先は自分の属性に合った所がいいでしょう。
ネットで口コミ情報を探して自分の属性に近い人が借入できたという情報がある業者に申込みすると借入できる可能性が高くなると思います。

ネットには街金や中小消費者金融の情報がたくさん載っています
それを読むことで自分の属性に合った業者を探すことが出来ます。
ヤミ金に誘導されないように、貸金業協会登録しているか確認して正規の業者に申し込みしましょう。
信用力は低くてもテクニックを使えば金融ブラックリスト者でも融資を受けることが出来るかもしれません。

しかし、中小は金利が高いので返済が負担になる可能性があります。
借りる場合は返済できる自信がある場合だけにしましょう。
これだけやってもお金を借りれない場合、審査に通らないときは、借金専門の弁護士に相談するという方法があります。
債務整理も考えてみてはいかがでしょうか。
まずは無料匿名相談を利用してみましょう。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

借り入れが多くどこも貸してくれない ブラック

借入が多すぎるとどうして審査に落ちるのか考えたことがありますか?
あちこちの違う金融機関からお金を借りたとしても信用情報を照会したら、いつどこからいくら借りて今総額いくらの借入があるのか一発でわかってしまいます。

そもそも4社以上借り入れがあると銀行カードローンも優良消費者金融も審査は通らないといわれていますが、年収に対する借入金の割合が多いことが審査には通らない原因となるのです。

当然ですが、消費者金融では総量規制に抵触していると審査に通りません。つまり年収の三分の一以上の借入がある人では否決されるということです。

このようになると、もうどこからも借入はできないのでしょうか?
銀行は総量規制の対象外なので、年収に関係なく融資をすることはできますが、他社借入が多い人では審査に通りません。

可能性があるとすれば中小消費者金融でしょう。
こちらも他社借り入れが多すぎると、まとめローンを勧められる可能性が高いと思います。
一度まとめローンで一本化して毎月の返済の負担を軽くする方がいいのではないでしょうか。

もし、このまま借金を重ねて、借金返済のために更にお金を借りなければいけないという状態を続けると多重債務者と呼ばれてしまいます。
過去の金融事故や借金が多すぎて、これ以上お金を借りる所が無くなった場合は、借金専門の弁護士に相談するという方法もあります。
一度債務整理も視野に入れてみてもいいのではないでしょうか。

債務整理とは任意整理・自己破産・特定調停・個人再生と4つの方法があります。
一番ハードルが低くて裁判所を通さないで弁護士さんなどに依頼すれば親や友達にも内緒で済ませることが可能なのが任意整理です。
簡単に言えば債権者に交渉して利息や遅延損害金を除いて元金だけを支払うという条件にしてもらう方法です。
過払い金が多かった場合は返済の必要がなくなることもあり得ます。

債務整理をすると確かに一定期間はお金を借りることが出来なくなりますが、借金生活から距離を置くという意味でもそういう時期があってもいいのではないでしょうか。

一度きれいに借金を整理して一からやり直すのもいいことだと思います。
我々素人では知らない方法をプロの弁護士さんが色々教えてくれます。
借金で悩んでいるのならば検討してみてもいいのではないでしょうか。
まずは今の状況を無料匿名相談されてはいかがですか。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

借り入れが多くどこも貸してくれない 金融

他社借入が多いのが原因で、どこも貸してくれないといって嘆いている人は中小消費者金融や街金に申し込みしてみると借りれるかもしれませんよ。

他社借り入れの程度にもよりますが、中小や街金は基本的に信用情報データベースよりも利用者の返済能力や支払い能力を重要視します。

つまり本人に安定した収入が毎月あるとして、基本的に必要な生活費などを除いた金額で返済していけるであろう額を逆算して融資してくれるのです。

なので希望していた金額よりは少ない借入額になる可能性が高いです。

そこが二流消費者金融といわれてしまうところなのかもしれませんが、実際にそういったブラック者に融資できるのは一般金融ではない中小や街金なのです。

中小は、大手や銀行カードローンの審査に落ちた利用者側の助け舟的役割を果たしているのです。
何も大手や銀行カードローンだけが融資をしてくれる金融機関というわけではないので、どうしてもお金を借りたい人は中小や街金のキャッシング審査を受けてみるといいのではないでしょうか。

ただし、金利は高いです。
法定金利の上限まで取る業者も結構あります。
また、TVCMで宣伝しているわけでもないので、借りる業者を探すのが難しいかもしれません。
そういう時はネットの街金サイトや消費者金融紹介サイトなどを利用しましょう。

知る人ぞ知る中堅老舗街金などは結構有名ですので探せばすぐに見つかります。
闇金にだけは引っかからないように、金融庁が提供している登録貸金業情報検索サービスがあるので、そういったものを利用して自分が申し込もうとしている街金が正規業者であるのか確認して、間違いなく正規であることを確認してから申し込みするようにしましょう。

数うちゃ当たるであちこちの街金に申し込んでしまうと、申し込みブラックになって、また審査落ちする原因となってしまいます。
そうならないためにも、ネットの口コミなどを読んで、自分の属性と同じような人に融資実績がある業者に申し込むようにしましょう。

また、他社借入が多い人には、まとめローンを勧めてくる業者もあると思います。
確かに一本化したほうが毎月の借金返済の負担は軽くなると思います。
それもおすすめの方法です。

ここまでしても審査に通らないでどこからもお金が借りれれない人はよっぽどの理由があるのだと思います。
借金専門の弁護士さんに相談してみるといいのではないでしょうか。
自分のどこがいけないのか、今後どのようにするのがベストなのかがわかると思います。無料匿名相談もあるので相談しやすいと思いますよ。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

借り入れが多くどこも貸してくれない 審査基準

審査に落ちて困っている場合でも、まだ諦めることはありません。
借入が多いというのが原因で審査に落ちたということは、落ちた理由がわかっているのですから、対策の立てようがあります。

他社借入が多いのであれば、おまとめローンに借り換えをしましょう。
確かに他社借入が4社以上あると銀行カードローンはもちろん、消費者金融の審査もアウトだといわれています。

それを一本化することで、毎月の返済額も減りますし、返済日も一日になるので管理もしやすくなります。

大きく負担が減ると思いますよ。
審査に自信がなければ中小消費者金融でもまとめローン商品はあります。

まとめローンで一本にしてしまえば借入件数が減るので新たな借り入れもできるかもしれません。

次に借入総額が大きすぎて審査に通らない場合、これは厄介です。
年収に対して借入額が多すぎたり、返済比率が高いと審査には通りません。
特に総量規制に従って融資を行わなければいけない消費者金融の場合では年収の三分の一以上の貸付はできないと法律で決まっているので、審査では一発アウトです。

銀行は総量規制の対象外ではありますが、総量規制を超えるような借入額がある人に審査が厳しい銀行が融資をするとは思えません。
これはもう返済能力を超えているというのではないでしょうか。
少しでも金利の低いローンに借り換えて、毎月の返済額を減らしてこつこつと返済していくしかないような気がします。
金融機関では利用限度額が低いと金利が高くなり、限度額が高くなると金利は低くなるように設定されています。
借り換えローン商品の中で今よりお得条件の商品がないか探してみるといいと思います。

このような借金の問題で悩んでいるときに知恵を借りるという意味でも借金専門の弁護士さんに相談するという方法があります。
無料匿名相談があるのでハードルが低く相談できると思います。

債務整理を考えている人などは、最初に匿名無料相談を利用できるのは、お得だしとても便利だと思います。
債務整理と聞くと怖がってしまう人が多いですが、債務整理は法律で定められた借金減額の正当な方法です。
特に任意整理は裁判所を通さないので弁護士さんなどの専門家に依頼すれば、家族にも内緒で行うことが出来るんですよ。
信用情報に記録が残るので、簡単にお勧めできるものではありませんが、必要以上に恐れるものでもないと思います。
そういった話も含めて無料匿名相談を利用されるといいと思います。
 

▲TOPにもどる
 

dokomokashite468.jpg

dokomokashite468.jpg