どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

自己破産 お金借りたい

2017年10月06日 19時09分

自己破産 お金借りたい 関連記事

 
dokomokashite468.jpg

お金借りたい自己破産者も金融業者から借りられる!

銀行カードローンや貸金業者のキャッシングなどを利用していると、ときには決められた期間内に借金の返済をすることが困難になることもあります。
期日に間に合わせるため、別の金融会社から借り入れをして補てんする場合もあります。

利用限度額に達したのでまた別の融資会社から借り、さらにまた同じようなことを繰り返していると、いつの間にか多重債務者になっていたということもあるかもしれません。
そうなれば、最終手段として自己破産の債務整理を行うという選択肢もあります。

自己破産などの金融事故を起こすと、個人信用情報機関にそのことが登録されます。
5年以上経過して個人信用情報機関の登録が抹消されなければ、再びお金借りたい場合でも金貸し屋から融資を受けられないとされています。
確かに大手消費者金融や銀行は、金融ブラックというだけで審査落ちするでしょうが、中小消費者金融なら可決できる可能性があります。

金融業者の申し込み者の口コミサイトなどを見てみると、自己破産を経験している回答者が中小消費者金融から融資を受けられたという話がいくつも投稿されています。
決して闇金というわけではなく、正規の消費者金融審査に可決をしている話なので、自己破産をしてお金借りたい人にとっては心強い金融情報なのではないでしょうか。
自己破産経験者に役立つ情報は、「今日借りれる消費者金融紹介センター」など数々のサイトが作られ発信されています。

自己破産をして5年以内の人でも、老舗消費者金融会社など信頼できる金融機関が審査を受け付けています。
連帯保証人や担保は不要です。
自己破産をした先の債権者に申し込みをするのは、可決する可能性が低いので避けるべきですが、そうでなければまだあきらめる必要はないでしょう。

では、金融機関はどうして自己破産している人に融資をする可能性があるのでしょうか。
自己破産をしているということは、借金がなくなっている状態の人だということです。
債務整理の中でも、自己破産は借金の返済義務がありません。
他社からの借り入れもないですし、また自己破産をしたくても7年間は認められていませんから、しばらくは貸し倒れしない人なのでリスクが少ないからでしょう。

ただ、融資されるのは自己破産をしただけでなく免責が決定されている人に限られます。
融資会社がもし免責されていない人に貸し付けを行ってしまった場合、自己破産対象の債権者として破産債権一覧表の載ってしまうことになります。
自己破産と免責は正確には別のことなのですが、免責許可が下りていさえすれば十分にお金を借りられる可能性はありますので、中堅消費者金融で安心して申し込みできるところを探してみてください。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

お金借りたいけれどしていないと借りられない自己破産の免責とは

お金借りたいときにその都度金融機関から融資を受けていると、支払いが困難になることもあるでしょう。
解決策の一つが、自己破産の債務整理です。
大手の金融業者はともかくとして、中小消費者金融でしたら自己破産をしてまだ個人信用情報機関に金融事故がデータに載っている時期でも、可決して借り入れができる可能性があります。

ただ、自己破産をしただけでは中小消費者金融であっても融資を受けることができませんので、免責の許可決定を裁判所から受けてください。
自己破産をしただけではなく免責の許可がでることにより、借金の返済義務がなくなります。
これまでの返済義務がまだ残った状態で新たな借り入れをしてしまえば、いつまで経っても返済が終わらなくなってしまいます。

自己破産の手続きでは、債務者が所有している財産をお金に換えて、それを返済にあてます。
返済にあてれば借金残高は減らせるはずですが、それでも全額をまかなえなかったときに、免責が効果を発揮します。

自己破産や免責は、破産法という法律にのっとって行われています。
破産法は、借金をした人の経済的な更生を目的として作られた法律だという側面があります。
自己破産の対象は、個人と法人とがあります。
法人の場合は自己破産をすれば会社がなくなってしまいますので、財産を返済にあててまだ借金が支払いきれなかったところで会社が消滅していますから、債務もなくなってしまいます。

しかし、個人の場合は一人の人間ですので、自己破産しようが消滅することなく生き続ける存在です。
消滅しない債務が残ってしまえば、破産法の経済的な更生をうながす目的に反することになってしまいます。
そのため、自己破産をするだけではなく免責の申請をして許可をすることにより、財産をお金に換えて返済にあてたあとの借金残高を返済しなくてもいいことにしています。

中小消費者金融の融資に申し込みをし、審査を受けて質問をされる中で、もしかしたら自己破産の債務整理がどこまで済んでいるかなどが話題にでるかもしれません。
そのときには免責の許可がおりていることを、審査担当者に伝えましょう。

自己破産の手続きと免責手続きは別々のものですが、実務上では同時に行われ、並行して進められていきます。
申請する側があまり大きな負担を感じるような手続きではないでしょう。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

自己破産者がお金借りたいときに聞かれる免責手続き

お金借りたいとき、連帯保証人も担保もなく融資を受けられる銀行カードローンや消費者金融キャッシングは本当にありがたい存在です。
金融機関から融資を受けることで借金が増えていけば返済が難しくなることもありますが、最近ではおまとめローンを利用することで解決する人が多くなっています。

しかし、おまとめローンに借り換えをしても返済が困難なほど借り入れ金額がかさんでしまったら、自己破産の債務整理をするというのも一つの方法です。
債務整理は4種類ありますが、その中でも自己破産が成立すれば、借金を減らすだけで支払い続けなければならない他の3種類とは異なり、返済しなくてもすむようになります。

実際に自己破産をして借金を返さなくてもいいようになるためには、免責が成り立たなければなりません。
免責さえ許可されることができれば、またお金借りたいときには中小消費者金融から融資を受けられる可能性がでてきます。

自己破産の手続きでは、債務者にどのくらいの財産があるかを調査し、お金に換えて、本来借金を返済しなければならない金融機関などに配当や弁済を行います。
これだけでは免責の手続きは含まれていませんので、別途免責のための調査などが開始されます。

別々な手続きではあるものの、並行して進められますので、申請をしている債務者の方にとっては別の意識があまりないかもしれません。
自己破産手続きを済ませてもまだ残っている借金の処理方法として、免責手続きが行使されるわけですから、一連の作業といった感じでしょう。

自己破産の手続きをすでにしているという方の中には、免責のことをしらないので、免責手続きをしていないと心配されるかもしれません。
確かに別々の手続きではあるのですが、実際には両方を行わなければいけないことは明らかなことです。
ですから、もし自己破産の手続きをする申し立てしか行っていなかったとしても、免責の手続きも始めてくれるシステムになっているとのことですので、心配はいりません。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

自己破産してもお金借りたい人の免責手続き

自己破産の債務整理には、免責手続きも並行して行われます。
破産者がお金借りたいときに金融機関から融資を受けるためには、免責が許可されていることが必須です。
別々の手続きではありますが、並行して進められていきます。

免責とは、自己破産をすると債務者の資産を全てお金に換え、債権者の返済にあてられますが、それでも残ってしまった借金に対し返済の義務を免れることをいいます。
管財事件と呼ばれる破産管財人が選ばれているケースでは、自己破産の調査やその後の処理を破産管財人が行っている時期に、免責の調査も行われます。
同時廃止事件という破産管財人が選ばれないケースでは、免責の調査は裁判所もしくは裁判所書記官によって行われます。

免責不許可事由があるかどうかの調査が行われ、なければ免責が認められることになります。
例えば、賭博や浪費などをすることによって所有している資産を大幅に減らしたり、大きな借金をすること。
財産や業務を把握するための書類や帳簿、不動産などを隠したり偽造すること。
破産手続きをするにあたって裁判所の調査に対し、説明をこばんだり、事実とは異なる説明をすること。

まだまだありますが、これら破産法第252条第1項各号によって定められたことが認められた場合、免責が認められなくなってしまいます。
自己破産をしても免責されなければ、借金がなくなりませんので重要な調査です。

これらの免責不許可事由が確認された場合でも、免責を与えるべきだと裁判所が判断すれば免責は行われます。
裁量免責と呼ばれるケースです。
裁量免責を与えることは、破産管財人が調査をして判定を下します。

免責を与えてもいいかの決定では、裁判官が自己破産者に対して直接質問をする免責審尋と呼ばれるやり取りがあります。
破産者と裁判官だけのやり取りではなく、債権者や破産管財人も免責審尋では意見を発信することが可能です。

このようにして免責の調査が一通り完了したら、免責の決定を裁判所が行います。
免責を認められる場合は免責許可決定が、認めない決定が下される場合は免責不許可決定が行われます。
もし、免責許可決定がでても破産管財人や債権者が決定に納得できないと、不服を申し立てる手続きの即時抗告を行うことが可能です。
反対に債務者側も起こせる手続きがあり、免責不許可決定がでた場合に即時抗告を行えば、不服申し立てが行えます。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

自己破産者がお金借りたいなら中小消費者金融へ

自己破産などの債務整理を行うと、一定期間は個人信用情報機関に金融事故情報が登録されてしまいます。

新規で銀行カードローンや大手消費者金融キャッシングでお金借りたいときに申し込みをしても、個人信用情報機関を照会することで審査落ちしてしまうでしょう。

ただ、自己破産者であることが原因で審査落ちしてしまうのは大手の話です。
中小消費者金融なら自己破産をしていても、さらにはまだ個人信用情報機関のデータが抹消されない5年以内の時期であっても審査を行っているところはたくさんあります。
希望融資額より少ない小口での可決だとしても、お金借りたいときなら全く契約ができないより助かるはずです。

中小消費者金融というと、確かにテレビCMを流したり広告を出している大手消費者金融のように誰でもその名を知っているという知名度はないかもしれません。
しかし、全国にたくさんの正規業者があり、地元の人たちの暮らしを支えています。
創業が古く、老舗と呼ばれるクラスの中堅消費者金融は、お金借りたいときに安心して申し込みができるでしょう。

インターネットの公式ホームページを見てみると、実際に自己破産をしている方に申し込みを促す文章が載っているのを目にすることができます。
いくら中小消費者金融なら自己破産者でも借りられるとウワサで聞いても、実際に申し込みをして断られたらショックですよね。

そんな心配がネックで申し込みできない方は、公式サイトを見て、自己破産経験者にも積極的にアピールしていることがわかれば、手続きを始めやすいのではないでしょうか。
例えば、「債務整理や自己破産を過去にされた方も、まずはご相談ください」などの広告がでています。

近頃は中小消費者金融も大手並みにサービスが進んでおり、WEB完結での融資をしているところが増えています。
WEB完結ということは、一度も店頭窓口まで足を運ばずに融資が受けられるということです。

自己破産をしたことをあまり人に知られたくない場合は、人に会わずに審査結果がでて融資を受けられたら理想的ですよね。
インターネットなら24時間365日いつでも申し込みができますので、店舗の営業時間を気にする必要がありません。
中小消費者金融の中にも、多くのサイトで紹介されている定番の業者が何社かありますので、そういったところから検討してみてはいかがでしょう。
 

▲TOPにもどる
 

dokomokashite468.jpg

dokomokashite468.jpg