どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

もう借りれない

  1. お金を何とかして借りたい
  2. 消費者金融会社で借りる
  3. 何とかして借りたい
  4. 中小消費者金融会社や街金から借りる
  5. どうしてもお金を借りれないとき
 
dokomokashite468.jpg
 

お金を何とかして借りたい

お金を借りたいとなると、まずは銀行からお金を借りるのが常套手段といえます。最も誰でも銀行からお金を借りることができるわけではありません。というのも銀行カードローンの審査基準が高いので、融資の申し込みをしても審査に通らない人は少なくないでしょう。

審査に通る通らないといった基準は、属性の高低によるところが多くなります。この属性というのは、信用度や返済能力に置き換えられるのですが、この属性は多くの項目で成り立っているのですが、高低を大きく左右するのが、勤務形態です。正規雇用されている人の属性は高くなります。

また、反対に非正規雇用の人は属性が低くなります。パートアルバイト、契約社員、派遣社員の人がこれにあたります。収入が多い少ないというのもあるのですが、一番に正規雇用と非正規雇用の属性を左右しているのは雇用が保障されているかどうかということです。

終身雇用が崩れたといって久しいのですが、それでも、正規雇用の人は雇用が保障されていて、リストラに遭うようなことがあっても、会社に居続けることは難しくはないでしょう。一方で非正規雇用の人は、有期雇用契約となるので、3ヵ月ごと、6ヵ月ごと、あるいは1年ごとの雇用契約の更新が必要です。そのときに、会社側が契約を更新しなければその時点で雇用契約はなくなってしまうのです。

非正規雇用の人はこのことから雇用が安定しているわけではなく、銀行カードローンの申し込み条件にある、20才以上であることと、安定した収入のある人の、安定した収入というところが問題になるのです。雇用が保障されていないということが、安定した収入のある人に合致しないということで、非正規雇用の人は銀行カードローンの審査に通りにくいのです。

そのため、百万円超えの高額融資よりも、10万円単位の少額融資の申し込みをするようにしたら、銀行カードローンの審査に通る可能性もあるでしょう。銀行カードローンに誰もが融資の申し込みをしたいのは金利が低いこともあるのですが、消費者金融会社のカードローンよりも世間体がいいということもあるでしょう。

消費者金融会社は今も昔もサラ金のイメージが消えず、生活に困っている人がサラ金から借りるというイメージとなってしまっているのです。それに比べて銀行カードローンから借りるのはそれほど世間体が悪くはなりません。そこはやはり銀行と消費者金融会社の違いというところでしょう。それでは、銀行カードローンに死角はないのでしょうか。

銀行カードローンは即日融資には向いていません。ですからすぐにお金が欲しいというときには、銀行カードローンは即日融資ができないので、希望に添うことができないのです。

一頃は銀行カードローンはメガバンクを中心にして、即日融資、スピード審査を全面的に宣伝広告していました。しかし、現在はその宣伝広告をネットでもどこでも見ることはできません。これはどうしてかというと、銀行カードローンが融資の申し込みを受けると審査に入るのですが、そこにさらに警察庁のデータベースに申込者の照会をしなくてはいけなくなったのです。その照会情報を得るのが当日では無理で、早くても翌日の照会となったのです。

そうなると、物理的に当日審査はできませんから、即日融資はできなくなったということです。また、銀行の審査だけではなく、保証会社の審査も受けなくてはいけないので、何かの理由で審査が遅れることもあるのです。保証会社は、債務者が返済不能となると、債務者に変わって銀行に返済します。そして、今度からは保証会社から残債務の請求を受けることになるのです。

ですから、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の他に保証会社の審査にも通らなければならす、さらには警察庁のデータベースの照会もしなくてはいけないので、銀行カードローンの審査には時間がかかるということになるのです。時間に余裕があれば問題ないのですが、すぐにお金が欲しいというときには、銀行カードローンは向いてなく、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをした方がいいでしょう。

金利の低さは銀行カードローンの方が消費者金融会社のカードローンの金利よりも勝ってますが、他の使い勝手の部分などは、消費者金融会社のカードローンの方が勝っている部分が多いです。申し込み方法も多彩で、WEB完結での申し込みや、無人契約機での申し込みなど銀行カードローンにはないサービスが申し込み時点から始まっているのです。

銀行カードローンは審査が厳しく誰でも融資を受けることは難しいのですが、消費者金融会社のカードローンは銀行カードローンの審査に落ちた人の受け皿的な存在になっているといってもいいでしょう。属性が低くて銀行カードローンの審査に通りそうもないという人は、申し込みブラックに陥る可能性が高いので、銀行カードローンに融資の申し込みをせずに、直接消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをした方がいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンの審査に落ちたら、次に頼るのは消費者金融会社のカードローンしかないでしょう。ただし、銀行カードローンの審査に落ちたばかりでしたら、信用情報機関に銀行カードローンの審査に落ちたという情報が記録されています。

消費者金融会社のカードローンの申し込み時に、信用情報機関に信用情報の照会をするときに、銀行カードローンの審査に落ちたという記録が共有できるので、その審査に落ちたという情報がわかると、審査に通ることはできません。

これを申し込みブラックと呼んでいて、審査に落ちたという情報は、銀行カードローンの審査に落ちてから向こう6ヵ月間は消えないので、お金が欲しいときにかなり大変です。

6ヵ月はカードローンなどに申し込んでも審査に落ちてしまい、そこからまた6ヵ月は申し込みブラックとなってしまうので、さらにお金を借りることのできない期間が長くなってしまうので、まずはしっかりと6ヵ月待つようにしなくてはいけません。

銀行カードローンの審査基準よりは、消費者金融会社のカードローンの審査基準のほうが低いので、属性に不安のある人でも消費者金融会社のカードローンの審査に通ることでしょう。また、複数の債務があるという人は、できるだけおまとめローンなどで債務を一本化しておいたほうがいいでしょう。複数の債務がそのまま多重債務者となり、あげくには債務整理となってしまうことが多いのです。

銀行などの金融機関は初期の属性にいいときでなければ借りることはできず、債務件数が増えていくごとに属性は下がっていくので、一度、二度と債務件数を増やしていくと、最初は属性が良くて銀行カードローンも問題なく審査に通って借り入れができていたとしても、3件目の債務となって銀行カードローンに融資の申し込みをしても審査に通らなくなってしまうのです。

消費者金融会社のカードローン審査は、銀行カードローンほどの厳しさはないのですが、それでも複数の債務というのはしっかりと見ています。というのも消費者金融会社には総量規制があるからです。これは、年収の3分の1までしか借り入れができないというものです。年収が300万円の人でしたら、100万円借りることができます。

もっとも、ここで100万円も借りることができると思う人も、100万円しか借りることができないと思う人ではお金に対する価値観や、借金に対する価値観なども違ってきます。100万円しか、と思う人は借金癖があるので、多重債務にならないように気をつけなくてはいけません。

総量規制があるから消費者金融会社から借りすぎることはないと思っている人でも、多くは総量規制の対象外となっている銀行カードローンでたくさん借りているので、かなりの債務残高となる人が多いです。そのためにも消費者金融会社のカードローンの借り入れ限度額が低いからといっても、他債務が多ければかなりの債務残高となることが多いのです。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

何とかして借りたい

消費者金融会社も全国に2,000社近くあります。これが多いか少ないのかというと20年前には消費者金融会社も3万社を超える消費者金融会社があったということですから、その激減ぶりは驚きといってもいいでしょう。

これほどまでに消費者金融会社が少なくなったのは、消費者金融会社の厳しい取り立てが問題になったこと、消費者金融会社に対する風当たりが厳しくなったことも要因といえますし、さらには、総量規制もそうですし、過払い請求なども消費者金融会社の衰退に追い打ちをかけたのは間違いありません。

そういったことから、消費者金融会社はどんどん減少していって、現在の2,000社程度の消費者金融会社となったのです。反対に考えると、体力のある骨太の消費者金融会社が残ったと考えていいでしょう。

そして、消費者金融会社の中でもアコムやプロミスといった大手消費者金融会社の知名度が高いのですが、そういった消費者金融会社は数社程度しかありません。他のほとんどの消費者金融会社は、中小消費者金融会社あるいはさらに小規模な消費者金融会社である街金となるのです。

消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のカードローンの審査は厳しいです。そのため属性の悪い人は大手消費者金融会社のカードローンを借りることはできないでしょう。そうなると、中小消費者金融会社からお金を借りることになるのです。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

中小消費者金融会社や街金から借りる

中小消費者金融会社や街金などは、独自審査を行っている貸金業者もあります。これは、信用情報機関に信用情報を照会せずに、独自で審査をするということです。

実際にどのような審査をするのかというと、電話に夜在籍確認がメインになります。要は仕事をちゃんとしているかどうかを確認するのです。反対にそれが確認できたら審査OKということになります。

いうなれば、現在の状況だけを重視しているので、反対に債務整理をしているような人でもそれは過去のことなので、不問にして審査対象としないということでもあるのです。ですから、ブラックの人でもお金を借りることができたという人も中にはいるのです。

一般的にブラックになった人は、現在の属性も悪くてお金を借りることが難しいので、電話による在籍確認が重視されているということですね。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg
 

どうしてもお金を借りれないとき

総量規制などにかかってしまって、消費者金融会社からお金を借りることができなくなったときは、もうどこからもお金を借りることができないというわけではありません。

ネットの個人間融資掲示板が困ったときにはかなり役に立ちます。個人での貸借りになるので、リスクもありますが、お金を貸す人の実績や信用度などをプロフィールなどからしっかりと確認してお金を借りるようにしましょう。

個人間ですから、総量規制などは関係なく、また交渉だけで審査があるわけではありません。デメリットとしては10万円程度の少額融資となる点です。それさえ問題なければ、消費者金融会社でお金を借りることのできない人にとっては大きな力となるでしょう。

金利などの計算はなく、どんぶり勘定で返済利息も含めていくらということが多いので、年利が20%を超えることが多くなるので、あまりにも法外な返済利息には注意したいところです。
 
▲メニューに戻る
 
dokomokashite468.jpg

銀行カードローンのまとめローンなら大丈夫?

2018年10月02日 13時57分

カードローンの総量規制いっぱい借入をしています。 もう借りれないでしょうか?これから銀行カードローンに申込みをしようと思っています。     多分借りられないでしょ…

中小消費者金融で借りる時の心得

2018年10月02日 14時06分

甘い審査とか、ブラックリスト対応の金融業者のことは知っていますか? 中小消費者金融や街金と言われる金融業者ですが、大手消費者金融、銀行カードローン審査に通らない方でも借りれるところです。ブラックリス…

中小消費者金融で借りれないということは

2018年10月02日 14時10分

ブラック対応の中小消費者金融と街金は、インターネット申込みができます。 正規の消費者金融であり、信用情報機関の金融事故がある方でも、完済ができると審査で出れば借りることができます。多重債務者は最大4…
dokomokashite468.jpg