どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社

2017年10月20日 16時38分

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社 関連記事

 
dokomokashite468.jpg
  

信用情報が審査の大きな鍵


どこの金融業者も審査を行います。
それぞれの審査基準がありますが、その基準の差は大きいです。
ですから、大手消費者金融では審査が通らないけれど、中小消費者金融などでキャッシングができることはよくあります。
 

個人信用情報って何?

信用情報がブラックだとダメ、信用情報で金融事故が記録されていると審査落ちと言われます。
この個人信用情報機関は、国内に3つ存在していて、金融業者が共有している信用情報データベースがあります。
新情報は常に更新されるのですが、借金申込をした、キャッシングした、返済をした、債務整理したなど正規金融業者の取り引きにおいてはほぼすべて情報が網羅しています。

この信用情報があるので、キャッシング申込みの時に信用力を推し量ることができます。
必ず個人信用情報機関の照会は行われ、審査回答が決まります。
 

金融事故とは?

この信用情報の内容で不都合があることすべてを金融事故といいます。
正確には異動情報と言いますが、代表的なものは債務整理ですが、返済延滞、借り過ぎ、申込ブラックなどです。

これらの金融事故が存在している時の金融業者が許容できる範囲であれば、審査に通りキャッシングができます。
たいてい、大手消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠などは審査落ち要件です。

そして、この金融事故全般をブラックといいます。
中小消費者金融ではブラックでも借りられる場合がありますが、もちろんすべてのブラックでも良いのではないです。
一部許されるブラックが存在しているということです。
 

信用情報だけではない

ブラック対応業者の中小消費者金融ですが、申込をした時の状況も大いに関係します。
消費者金融系のキャッシングでは、総量規制範囲内が絶対の条件です。
金融事故は審査通過できることはある中小消費者金融ですが、総量規制以上の借入はできません。
利用者の年収3分の一以上の借入申込は間違いなく審査落ちです。

そして、その年収を決める仕事をしていることも大前提です。
勤務先への在籍確認もありますし、勤務年数も関係します。
転職したての方は注意が必要です。
また、中小消費者金融では専業主婦も借りられると言われていますが、これは配偶者貸付制度で、配偶者の年収や信用情報が問題になり、条件付きのキャッシングです。

借り入れ理由が、すべての条件が揃わなければならず、金融事故だけは大目に見たとしても、その他の審査内容が完璧であることが必要です。
中小消費者金融の金融機関ごとに審査内容が微妙に違います。
対応方法は普通の審査ですが、中小消費者金融の中には本社来店の必要があるところもあります。
全国対応、来店不要が多いですが、必ずホームページなどで確認をして下さい。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

フクホー申し込みがおすすめの理由


口コミ情報でブラック対応業者として、中小消費者金融や街金が紹介されることが多いです。
甘い審査、ブラックでも借りられるという関連記事はとても多く、登場する中小消費者金融の名前も大体決まっています。
日本全国では、こうした中小消費者金融は数多く存在しています。
ただ、口コミ情報として上がってくる会社は、インターネット申込ができる、利用者が多い、来店不要であることが必要です。
 

ブラックでも借りれる消費者金融はせいぜい20社程度?

ブラックでも借りれる中小消費者金融は、常に20社程度が紹介されています。
レイクやプロミス同様に多角面からの審査内容や借り入れ理由などです。

こんなに金融事故を持っていても借りれたなどの体験談は興味深いものです。
そこで、つい期待してしまうのが、大手消費者金融審査落ちが続く方でしょう。
ブラック対応できっと借りれると確信してしまう方は多いでしょう。
 

フクホーに行ってみる?

フクホーとは、全国対応の中小消費者金融です。
老舗サラ金として地域密着型の貸金業者でしたが、インターネット申込ができるようになって一気に知名度が上がりました。

もちろんその他にもありますが、フクホーを推薦を理由として、間違いなく正規金融業者であり、黒白がはっきりしている中小消費者金融だからです。

大手消費者金融と同じシステムでの審査ですが、個人信用情報機関の異動情報がある金融事故があったとしても、時間をかけて審査を行います。

多少時間がかかり、時にはきびしい小言もありますが、いい加減な審査ではなく、奇をてらう感じもなく、淡々とブラック対応の金貸し屋です。
関連記事はとても多いですが、どうしても借りられない方はいらっしゃい、でも絶対に借りられる保証はないですよ、スタンスは全く変わっていないのです。
 

老舗が安心という理由

中小消費者金融、街金では以前から存在していたものです。
高金利グレイゾーンのサラ金から営業していたところばかりですが、借金申込者に対する目が確かです。

また、信用情報を審査をする金融業者ですが、中小消費者金融の信用度も高い方がもちろん安心です。
長い期間、貸金業者として経営してきたことがその証になります。
フクホーだけではなく、老舗とされる金融業者の存在は、自己破産の債務整理者、多重債務者などのキャッシング受け入れ業者として安心できる金貸し屋といえるでしょう。
 

審査のポイントは年収

こうした中小消費者金融では申し込みブラックにも対応していますし、利用履歴の金融事故に対しても、これからの収入などの返済能力を再自由詩します。
もちろん金融事故以外に返済実績があれば信用も高くなり、審査も電話で確認することもあります。

金融事故、ブラック対応することで、二流消費者金融、独自審査友言われていますが、あくまでも返済ができるとされる方を対象にしています。
どうしようもなく最後に申し込みをした中小消費者金融でキャッシング、神金融というかたもいますが、審査落ちであれば、ブラックと言っても大したことがないという厳しい批評もあります。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

信用情報の内容 大手と中小の判断が違う


キャッシングをする前に、クレジットカードの利用をすると良いと言われています。
それもショッピングの利用が適切であり、返済実績があることで、信用情報の内容が確認しやすいのです。
初めてのキャッシングの場合、個人信用情報機関にはスーパーホワイトという真っ白な状態です。

返済能力があることは、申込情報が確認できますが、金融機関ごとの審査では、過去に携帯電話のクレジットやショッピング経験があると、返済の経験があるとみなすようです。

ただし、完済していたり、返済も延滞していないことがポイントになります。
 

信用情報でブラックであったとしても

中小消費者金融の審査基準では、金融事故があったとしても借金ができます。
しかし、延滞に関しては厳しい判断が多く、過去に何度もクレジットカードの返済をしていなかったりしている場合は、キャッシングができないこともあります。

ブラック情報の中でも大手消費者金融審査落ちになってしまう多重債務者や債務整理などが審査通過の要件であり、返済していない事実が数多くあると、中小消費者金融でも借りれないです。

信用情報での利用履歴で、問題なく返済をしている上で、やむを得なく自己破産などがブラック審査通過の要件でしょう。
 

審査基準が違う

大手消費者金融と中小消費者金融の審査基準は全く違います。
信用情報の見方も必然的に変わりますが、中小消費者金融で収入があることを重視します。

多重債務者で中小消費者金融の申し込みの場合、ここで借りたとしても返済能力があれば審査に通るのは当然です。

その為在籍確認は行いますし、勤務年数が長ければ長いほど有利です。

信用情報データベースだけではなく、現在収入を得ていて、借りたとしても返済の保証があればこそ、中小消費者金融でのブラック金融の恩恵を受けることが可能です。

ブラック対応とは、収入証明ができる返済能力が高い方に対してのことです。
 

申し込みブラックの対応

大手消費者金融や銀行カードローン審査では、一定期間何社の申し込み保した方は、金融事故者とみなします。
申し込みブラックは、結局は連続経験者であり、金融業者にとっては何の損もないです。

しかし、個人信用情報機関にはすべて記録をされてしまい、新規キャッシング申し込みの信用情報確認の時に、申し込みブラックであることが判明した時点で審査落ちです。

ところが、中小消費者金融では申し込みブラックの申込者の信用情報内容を再確認をします。
そこで、返済能力があれば、たいていは小口融資ですが、キャッシングができるのです。
申し込みブラックの対応方法が全く違う事から、ブラック対応、神金融としての中小消費者金融の存在があります。

多重債務者も総量規制範囲内が原則であり、3万円程度のキャッシングができたとの口コミ情報も多いです。
借り入れ理由はそれぞれですが、中小消費者金融で借りたとしても返済ができると証明できなければ、申し込みはしない方が良いでしょう。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

審査基準の違いでブラックでも借りれる中小消費者金融


同じ消費者金融なのに、どうして審査基準が違うのか?
消費者金融の審査基準は、貸金業法に則っています。
大手消費者金融では、金融機関ごとに多少の違いはありますが、貸金業法のギリギリの範囲内ではないのです。
良い例が金利であり、平均17%と言われています。

ところが、貸金業法の利息制限法では20%が限界です。
中小消費者金融の多くの最高金利は20%としています。
このように少しずつ審査基準が違うことで、中小消費者金融の方が借りやすいのです。
 

信用情報の見方の違い

大手消費者金融も中小消費者金融も現在は、コンピュータースコアリングシステムで審査を判断をします。
異動情報である金融事故があると弾き出されるのですが、大手消費者金融ではその時点で審査落ちです。
ところが、中小消費者金融ではその金融事故内容を再検証することで、最終的な判断をします。
大手消費者金融審査落ちをしたとしても、中小消費者金融で借りれる審査基準であれば、借り入れ理由が成立します。

多重債務者で大手消費者金融ではせいぜい3社程度ですが、中小消費者金融では4社の受け入れもあります。
この時点で、3社の多重債務者が中小消費者金融に申し込みをしたとしたら、審査通過の可能性が十分にあります。
信用情報の対応方法が全く違うことで、大手消費者金融ではダメなキャッシングも中小消費者金融では叶う、神金融として言われる理由がここにあります。
 

中小消費者金融に関しては関連記事を確認

名前を知られていない中小消費者金融に関しては、どこの金融機関が良いのかわからない方が多いです。

これは、多くの中小消費者金融の情報がサイトとして口コミ情報が豊富に存在しています。
ブラック対応、ブラックOK、自己破産したあとも審査対応などの検索で出る金融機関です。

ただし、正規金融業者ではないところも多いため、中小消費者金融を探すときには口コミ情報が役に立ちます。
スマートフォンやパソコンでも簡単に探すことができますし、金融庁届け出の中堅消費者金融一覧表、ランキングなども多数あります。

そこで注目してほしいのが、各サイトに必ず現れる会社名があることです。
そのような中小消費者金融こと安全な貸金業者として信用力が高い業者です。
中小消費者金融、中堅消費者金融、街金は同様の金融業者です。
 

最終的な判断

中小消費者金融はブラック対応ですが、すべてのブラックが借りれるわけではないのです。
当然中小消費者金融も審査落ちがありますが、その後の借入先としては闇金しかないです。
ここは審査もないかわり、貸金業法も一切無視した無法の違法業者です。
金利なども自由設定であり、金融商品も何の保証もないです。
絶対に借入しないことです。

中小消費者金融審査落ち後は債務整理しかないです。
弁護士や司法書士などの借金相談などを経て、法的に債務者の保証がある債務整理を開始して下さい。
考えてる以上に簡単であり、返済から開放されることになります。
当然ブラックにはなりますが、10年間何もしないと、普通に大手消費者金融でのキャッシングができる身分になれます。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

金融ブラックでも安心 口コミ情報を元に中小消費者金融に申込


金融ブラックであれば、お金を借りれるところは限定的になります。
大手消費者金融などでは、ブラック=金融事故者は審査落ちですが、個人信用情報で金融事故情報があったとしても、中小消費者金融では審査対象になることは多いです。
 

大手消費者金融審査落ちの原因

中小消費者金融での借り入れができるかどうかは、大手消費者金融で審査落ちした原因にもよります。

中小消費者金融でも借り入れができないのは、延滞や滞納、総量規制外の申し込み、現在無収入、などです。
その他、多重債務者、債務整理者は審査をした上で、その中小消費者金融の審査基準に合えば借り入れに成功します。

消費者金融系キャッシングでは、年収3分の一の総量規制範囲は絶対的な限度額と設定されています。
多重債務の他社借入件数に関しては、各金融機関の設定がありますが、総量規制範囲内が原則です。

その範囲内で、借入件数が中小消費者金融の審査基準範囲なら、難なく借入が実現することになります。
大手消費者金融審査落ち後は、どうしてもキャッシングの必要があれば、すぐにでも中小消費者金融の申し込みを考えてみて下さい。
 

申込はインターネットが主流

現在、中小消費者金融の申込方法はインターネットが多いです。
大手消費者金融同様に応募フォームもありますし、事前に借入診断などもホームページのTOPに用意してあります。
必要事項を入力した上で、仮審査に通れば、借入ができます。
しかし、その前に必要書類の郵送があります。

大手消費者金融でも50万円以上のキャッシングでは収入証明証明が必要ですが、中小消費者金融では借入の時に収入証明書がなくてはならない場合が多いです。
いわば書類審査もあり、キャッシングに至るまで数日かかることもあります。
即日融資の中小消費者金融もありますが、これは異例に早さというべきものです。

全国対応、来店不要ができるのは確かですが、スピード審査や即日融資に関しては、大手消費者金融ほど早くはないと思って下さい。
そして、総量規制範囲内での限度額ではなく、ブラック金融であれば、小口融資が多いです。
10万円以下、5万円以下といった内容ですが、返済実績が続けば、増額にも対応してくれます。

ブラック申込では完済ができるかが中小消費者金融としても不安材料です。
返済能力の有無を確認の上の審査通過ですが、実際に返済をしてくれないと信用もできないということです。
しかし、きちんと完済をしていくことで、ブラックでもキャッシングをし続けることは可能です。
 

▲TOPにもどる
 

dokomokashite468.jpg

dokomokashite468.jpg