どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

どこも融資してくれない

2017年10月12日 17時18分

どこも融資してくれない 関連記事

 
dokomokashite468.jpg

どこも貸してくれない理由はコレ


金融業者の審査は通ったものだけにキャッシングをします。
金融ブラック、申込ブラック、多重債務ブラックなどを受け付けない大手消費者金融などでは、審査落ちの方は結構多いです。
しかし、一応ブラック対応の中小消費者金融が存在していますが、ここの無審査ではなく、それなりの審査基準が存在しています。
 

ブラック対応の中小消費者金融の審査

債務整理者も多重債務者も借りられる口コミはあります。
申込者に返済能力があれば、いくら多重債務でも支払いができる範囲内のキャッシングができます。
最近はカードローンのある中小消費者金融もあり、セブン銀行ATMでのキャッシングまでできるようになっています。
債務者にとっては、中小消費者金融の審査通過は天国への階段でしょう、返済可能なら。
ただし、返済能力がない方は審査落ちです。
利用者はブラックでもOKといいますが、彼らは返せるだけの収入があると認められた人です。
審査基準のハードルはクリアしなければならないのです。
優良中小サラ金業ほど審査はしっかりとしています。
 

自己破産でもOKだけど

ブラック対応と言えば、自己破産の方でも1年程度経っていて、収入があれば審査通過ができるのが中小消費者金融です。
任意整理ですと、返済中でも対応の極甘審査の金融業者もあります。
金融機関ごとに甘い審査の度合いも変わりますが、返済能力に対する信用力の違いであり、収入がしっかりとあって、だけど数年前に自己破産をしたという方は借りられるのです。
 

無職、無収入はNG

反対に対したブラックではない。
多重債務者で3件程度、総量規制範囲内だけど、休職しているとか、今は収入がない方は、中小消費者金融の審査落ちです。
収入がないということは返済能力がないことですから、ブラックの内容が大したことがないのは無関係です。
今のあなたは、どんなに借りたとしても返済ができるという証明がないでしょう?というのが申込先の見解です。
口コミ情報でも無収入に関しては、絶対に借りれるところはないといいます。
銀行や大手消費者金融の審査落ちで、無収入であれば、中小消費者金融根も同じです。
この部分での審査の甘さは発揮できないのです。
返済能力がある=信用力があるという図式は変えることができないのです。
 

借りられない者の苦悩

多重債務を受け入れるブラック対応の街金などでは、窓口相談もできます。
大手消費者金融の各種支払いができなくて督促状が来ている。
どうしたら良いか?
これは体よく断られます。
信用情報機関に延滞とある方です。

無収入同様に支払いができない延滞者も甘い審査では審査落ちです。
このまま弁護士に相談をするのは常識であり、正規金融業者である一般金融では、対応してくれません。
サラ金時代ではOKだったかもしれませんが、無収入や延滞者を相手にしてくれる中小消費者金融なとはなく、甘い審査も無関係です。

大手サラ金業者などは今では銀行傘下に入り、審査も厳しいです。
中小消費者金融の甘い審査の条件も借り入れができる人は返済能力がある方だけです。
債務整理も良いけれど、住宅ローンがある方は悩むところですが、民事再生なら競売の心配はありません。
弁護士に相談の上、きちんと債務整理をしましょう。

そして、債務整理後の中小消費者金融の対応は良好です。
数年たち、収入があることがわかれば、小口融資ができるところもあります。
どうしても借りたい方の対策として、大手消費者金融審査落ちで、中小消費者金融も審査落ちの予想されるときには、さっさと債務整理をしてから、中小消費者金融に行くと、状況は一変します。

数年間の時間は要しますが、このようにしてキャッシングをしている経験者も少なくないです。
なんか希望が持てそうな感じがしませんか?
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

多重債務者で審査落ち 何かよい方法は?


大手消費者金融審査落ちの場合、中小消費者金融審査通過の可能性はありますが、大手も中小も借りられない方も当然います。
審査の甘い中小消費者金融でも、最低限の審査基準があり、すべての方に貸してあげるということではないのです。
 

カードローンの使いすぎ

大手消費者金融では原則的に多重債務はできないことはないです。
お財布の中に各社のカードローンがあり使いこなしている方も多いでしょう。
すべての返済が順調に行っていて、使える範囲内で上手にキャッシングができれば問題はないのです。

消費者金融全体で、年収3分の一の総量規制範囲内のキャッシングは許容範囲です。
クレジットカードのキャッシング枠も入りますが、大手消費者金融を含む数社の多重債務利用者も少なくないです。
ただし、短期間に新規申込をしたり、総量規制を1円でもはみ出した借り方をすると、借りれなくなってしまいます。
そんな時に審査の甘い中小消費者金融に行ったとしても、ここもカードローン同様の総量規制範囲内であり、借り過ぎでの審査落ちになります。
 

借入件数の制限

大手消費者金融では、クレジットカードのキャッシング枠を含む3社程度が限界だと言われています。
すでに2社の多重債務の申込者の場合、返済能力があったとしても、総量規制範囲内だとしても、借入件数で引っかかります。
中小消費者金融では4社程度だと言われています。

消費者金融業者としては、それぞれの審査基準で一応の借入件数は決まっています。
ただ、中小消費者金融だけは流動的で、返済能力が高い収入が高ければ、総量規制範囲内での4社以上の借入ができるところもあります。
ここが審査の甘さということでしょう。
 

信用情報の見方

すべての多重債務の記録は個人信用情報機関の審査によって決まります。
事前に、申込のときに自己申告で他社借入件数や金額を入力しますが、そのときに信用情報の内容と違うと信用力がなくなります。

ここは正直に調べてから正確に入力しましょう。
大手消費者金融では、金融事故があれば審査落ちですが、中小消費者金融のブラック対応では、返済能力があれば、多少の金融事故には対応してくれるとのことです。

しかし、信用情報は借入件数だけではなく、任意整理など債務整理の情報も加味されることから、実際に申込みをしてみないとわからないです。
口コミ情報によると、審査通過しやすい時期などもあり、新規参入の金融会社、決算時期などは穴場だとか。

それでも審査基準とかけ離れている場合は、ブラック対応と言っても、審査落ちは当然のことです。
よい担当者だと審査通過もある、と言うのはいい加減な情報で、金融機関ごとの審査基準を逸脱した内容では、一般金融として借入ができないことが多いです。

どうしても借入ができないとき、多重債務者は債務整理をすることしか道はないです。
その後、審査の甘い中小消費者金融で改めて申込をしてみることで、審査通過ができたという報告は多いです。
優良消費者金融などでは、多重債務者は厳しいですが、債務整理者の方が審査は通りやすいと言われています。
数年かけての計画ですが、試してみる価値はあります。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

債務整理後のキャッシング


債務整理者の審査通過ができる中小消費者金融や街金。
しかし、債務整理直後の審査は難しいです。
 

ブラック対応は本当

債務整理をしたけれど借りれたという口コミ情報は、中小消費者金融情報サイトでは多く見かけます。
自己破産後のキャッシング、任意整理返済中の借入などですが、これは金融機関ごとで、微妙に判断が分かれます。

債務整理をして5年以上はブラックリストとして、信用情報データベースに異動情報として記録されています。
大手消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠の審査では、異動情報は金融事故として審査落ち要件です。
コンピュータースコアリングシステムで弾かれることになります。

しかし、中小消費者金融では内容を精査し、個人情報で収入から返済能力があれば審査に通るのです。
ここがブラック対応の神的な存在として言われています。
中小消費者金融の見解としては、任意整理は完済後、自己破産は2年経過、自己破産だけは5年待ちなど対応はいろいろです。
 

申込みのときの注意

中小消費者金融のホームページには具体的な年数などは書かれていないことが多いです。
全国対応で来店不要の中小消費者金融はあちこちにありますが、ホームページの他に情報サイトが立ち上がっています。
信用情報について、どこまでが審査許容範囲などが書かれていますから、是非参考にして下さい。
債務整理後のどのタイミングでのブラック対応なのかが判明します。

たいていどの中小消費者金融でも、債務整理には寛容になっています。
任意整理返済中、個人再生返済中の場合は、返済額が大きく減額されていることが条件になっていたり、自己破産者は返済がゼロです。
さまざまなパターンがありますので、審査の甘い中小消費者金融の情報は確実にキャッチシテからの申込みが妥当です。
 

審査の甘さもさまざまだけど

一口に甘い審査と言っても、その内容はいろいろです。
債務整理者の扱いも違いますし、申込先の内容は確認が必要です。
そして、自身で確認してほしいのが、確実な収入確保があることです。
債務整理後、無職だったり収入が安定していない状態では、審査の甘さでも対応しないです。

総量規制が関係する消費者金融では、年収を元に限度額の設定になります。
ですから、収入証明書がなければ審査もできません。
原則的に債務整理は申込みができるとされるのですが、収入証明書の提出ができないのであれば、審査乙です。
中小サラ金業者では、大手消費者金融審査落ちの方を多く受け入れていますが、返済ができない方の対応はしていないです。
 

任意整理返済でまだ余裕がある

自己破産をしたけれど、仕事は順調にあるなどの条件が審査基準の最低のものとなっています。
すでに、多重債務である場合は、難しい判断になることもありますが、相談だけでもしてみて下さい。
これは、また債務整理の恐れがあると信用力に欠けることが考えられます。
任意整理の返済中で多重債務者の場合の新規キャッシングは、中小消費者金融でも簡単に審査通過はしないことでしょう。
よほど収入が高いことが条件としてあるかもしれませんが。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

電話が来たら審査通過?そんなことはないです


ブラック対応業者と言われる中小消費者金融では、基本的にカードローンキャッシングではなく、振込キャッシングになります。
限度額の設定で、その範囲内は自由キャッシングではなく、申込みをした金額だけの振り込みを受けることがあります。
その時に総量規制範囲内であることは最低の条件です。
 

金融ブラックの種類

ブラックリストとは俗語ですが、信用情報データベースで異動情報がある方の総称です。
異動情報とは、返済トラブル、借り過ぎ、申込ブラックなどの借金に関する事故を起こした方たちです。
その異動情報がある方の審査通過は原則しないというのが、大手消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング審査です。

しかし、ブラック対応はその異動情報の内容をみてから審査通過を決めます。
大手などでは、コンピュータースコアリングシステムの結果で決めますが、中小消費者金融や街金のブラック対応では、再び審査をしてくれるシステムです。
 

金融業者から電話がかかってくる

中小消費者金融の審査では、信用情報の内容確認で電話がかかってきて、そこで審査をすることがあります。
総量規制範囲を超えている異動情報では審査落ちですが、債務整理や多重債務者の場合は、返済見込みの可能性を探ってくれるのです。
口コミ情報などでも直接担当者が話を聞いてくれると言う場合が多いですが、債務整理の原因、返済計画のことなどで親身になって借金相談ができます。

ただ、たいてそこで結果が出ないことが多いです。
お話は伺いました、後日審査結果を報告します、と電話が切られることが多いです。
 

金融業者と電話で話したから大丈夫?

これが、なんとも言えないのです。
改めて審査をすることになり、簡単に審査通過ができるとは限らないです。
金融機関ごとの審査で、あの消費者金融情報では甘いと言っても審査落ちはあります。

債務者の状況、カードローン多重債務の内容、そして返済能力。
一番大事なのは、電話口の態度など、すべてを勘案して、再審査になります。
担当者の態度が上から目線だったり、横柄な場合、こちらとしてもなんとなく反抗があったり、いい加減な対応をしてしまうことがあります。

その態度で審査落ちもあり、案外とデリケートな審査です。
かと言って、自信なさげやオーバーアクションなども審査落ちだとか。
難しいことですが、中小消費者金融での電話がかかってきたら、真摯な態度と、とにかく正直に話をすることです。
それでもダメな場合も当然ありますから、その時は債務整理を検討しましょう。
 

すでに多重債務、返済できるのですか?

中小消費者金融の審査ではここに注目です。
返済能力が高い多重債務には、このような質問はないのですが、ギリギリの借金生活をしている場合は、ここを確認したいのです。

ブラック対応はしますが、返済できないことには話にならないという見解ですが、総量規制範囲内だけではなく、返済能力の確認ができなければ、中小消費者金融の審査通過は程遠いです。

ダメなら、債務整理、これは決定です。
 
dokomokashite468.jpg
 

▲TOPにもどる

 

ブラック対応なのに審査落ちってあるの?


ブラック対応と言っても、中小消費者金融の審査は厳しい。
キャッシングにおいて、信用力がなくなると、どこからも借りれないです。
審査基準が甘いとされる中小消費者金融ですが、あくまでも返済ができる方にしかキャッシングはしないです。
甘さの加減は人によって感じ方も違います。
 

お金貸してください

例えば、知人からそう言われたときに、仕事もしていない、貯金もない遊んでばかりの人から言われたとしたら、お金を貸せますか?
多くの方は、あなたのお金を貸したとしても返せないから貸さないということになると思います。
中小消費者金融の審査でも同じことです。

申込みをした時の個人情報と信用情報データベースから、信用ができるなのかを確認します。
はっきり言って、中小消費者金融では過去の債務整理経験などは、片がついている場合は、あまり重視しないです。
金融事故があったとしても、審査が通ります。

しかし、現在延滞している、仕事をしていない、低い収入で多く借りようとしている申込者は審査落ちです。
上記の例と同様に、今あなたに貸しても返せないでしょう?という審査結果です。
 

信用を勝ち取るために

中小消費者金融口コミ情報では、とにかく安定した収入を得ていること、延滞はしないこと、総量規制範囲内であることが必要だと言います。
多分この3点があれば、たいていの中小消費者金融の審査は通ります。

ただ、1つでも欠如してしまうとダメなのが、中小消費者金融の審査の厳しい部分です。
返済能力がありますと断言できる範囲が必要であり、その上でブラックだとしても借りれるのがブラック対応業者の中小消費者金融です。
多重債務者でも返せる、自己破産したけれど数年経っている、勤続年数が長い会社員などの要件は大きいです。

ただし、金融機関ごとに少しずつ審査基準が違うので、確認は必要です。
中小消費者金融では申込ブラックにならないことが多いですから、いくつかの金融業者をピックアップして、順番の申込みも良いかもしれません。
ただ審査結果が即日ではないことが多いので。時間はかかってしまいますが、ブラック対応業者は全国にあり、インターネットで申込みができます。

ただ注意したいのは、絶対に同時に申込みをしないことです。
個人信用情報機関では必ず申込みをしたことはバレてしまうので、1つ審査落ち後に次というように、時間差を持てせることは必要です。
それでも5社も6社も連続して審査落ちしたときには、多分借りれないのでしょう。
 

債務整理だけではなくとにかく弁護士に相談を

弁護士の借金相談は、必ず債務整理依頼だけではないです。
自身の今の債務状況を確認してもらうことで、今後の生き方を決めることができます。
中小消費者金融審査落ちでは、当然債務整理が必要になることが多いですが、自分で行うことができますし、必ず弁護士に依頼する義務はないです。

たいてい無料で行ってくれますし、東京の有名法律事務所では、地方などに定期的に巡回していることがあります。
また、自治体での弁護士相談なども無料ですから、そちらの利用もお勧めです。
 

▲TOPにもどる
 

dokomokashite468.jpg

dokomokashite468.jpg