どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

借金に関する法律

2017年05月19日 12時32分

お金を借りる事ができる金融会社は、貸金業として届けを出しているところが安心です。
各都道府県事の登録で、表記をするときには登録番号を必ず付けることになっています。
大手消費者金融はもちろんですが、銀行、信販会社などでも必ずこの登録番号を持っています。
審査の甘い中小消費者金融が闇金と思っている方も多いですが、正規消費者金融として届け出をしているところでは、必ずこの登録番号があり、それが安心の証明ともいえます。
なぜそれがあると安心なのでしょうか?
登録をしているということは、法律に則った営業をしている事です。
ということは、違反業者ではなく、法外な利息も取りません。
貸金で、この利息が多すぎる事は、かりる側にとっては大きな問題です。
1%の金利差でも少ない方が良いのですが、それがとんでもない高金利であることは、この登録番号がある金融会社では皆無なのです。
だから安心して、申込ができます。

お金を借りるときには、正規消費者金融で申込をするのはもちろんですが、そのような法律に則った営業をするということは、返済ができる方を対象にしているため審査を行います。
そこで、お金が借りられない人が出てきます。いわゆるブラックです。
法律によってと言うよりは、各金融会社での基準があり、剃りに達していない人は除外してしまうのですが、経営上不可欠といえます。
残念ながら借りられないという結果になってしまう方については、借りる側の法律を駆使した債務整理を行う事ができます。
借りられない理由が多重債務である場合、現在返済している債務を小さくしたり、返済額を調整する任意整理などが債務整理です。
これも、法律によって行う事になりますが、届け出をしている登録番号のある正規消費者金融相手にしかできないことです。
多重債務者はキツイから、債務整理をします。それで、返済額は減り、じゃまた借りようというときにも法律が発動します。
それは、債務整理後数年間は、キャッシングやローンができない、カードローンは作れないことですが、中小消費者金融の中には、借入ができる審査もあります。
こうして、消費者金融も申込者も法律下において行動をする限り、お互い無理のない関係が成立することになります。
お金を借りれないことは仕方のないことですが、債務整理により、最低限の生活ができるような対処法があります。

届け出をしていない闇金に関しては、無法遅滞での営業であり、金利も高く、債務整理もできません。
最低限の生活ができる保証もなくただ、苦しいだけです。
ですから、正規消費者金融でもう借りれないとなった場合でも、闇金にいくことだけは避けてください。
生活がめちゃくちゃになってしまいます。
dokomokashite468.jpg