どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

金融事故がないのに借りられない?

2018年09月28日 16時53分

信用情報で金融事故がなくてもカードローンの審査に通らないこともあります。
金融事故とは、借り方と返済のトラブルがあることですが、項目はとても多いです。
 
dokomokashite468.jpg
 

総量規制限度額しか借りていない

消費者金融会社では、年収3分の一の総量規制範囲内が限度額です。
大手消費者金融で借りているけれど、その借り方として、毎週借りている、一度に多額のキャッシングをしているなどの借り方が「過激」では、一時的にブロックがかかります。

解除の仕方はあるのですが、次の返済から間違いなく返すことです。
できれば、続けて借りた金額は1回完済でいくと、ブロックされたのですが、信用に変わります。
毎回では困ることですが、たまたま多額のキャッシングが必要で、完済ができるので大丈夫。
その実現は、消費者金融として上客となります。
 

返済日にきちんと入金

借り過ぎできなく、限度額内で急激に借りたとしても、完済ができるのであれば、それはそれで対応は良いです。
ですから、限度額であったとしても、何回も借りるとか、短期間に続けないことです。

返済日は厳守ですが、甘い言い方ですが、数日の遅滞できちんと遅れることを告げていれば、すぐにはブラックにはならないです。延滞はすぐにはならないのですが、遅滞にしても返済の約束の日に入金することが必要です。
それができないと、金融事故になり、次のキャッシングができないことがあります。
 

借入と返済を守る

キャッシングの基本は、金利を含んだ返済がきちんとできることです。
業者としては、金利が収益です。ですから、信用のある人から、元金であるお金を貸して、金利で返済をしてもらうことで、商売ということです。この決まりをきちんと守っていれば、金融事故もなく、カードローンの審査に通らないということもないです。

続けて借りてキャッシングブロックは驚きますが、その後完済をすることで信用は取り戻せます。
肝心なことは、とにかく完済を続けていくことです。そのためには、借り過ぎをしないこと、信用は落とさないことです。

わかっているけれど、というのは言い訳であり、キャッシングでは必ず、緊張感を持って完済しましょうというのですが。カードローンの審査に通らないとき、自分の借り方と返し方を確認してみてください。
本当の金融事故前なら、改善だけでまた借りれるようになります。

それにはきちんと返すということですが、それができないと本物の金融事故者、ブラックリストになり、大手消費者金融でのキャッシングができない状態になります。
 
dokomokashite468.jpg
dokomokashite468.jpg