どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

審査落ちの原因は最悪なこと 

2018年09月28日 16時57分

申し込みしたときには、完済ができると思ったけれど、途中で完済ができないこともあります。
返済ができないときに、黙ったまま延滞をしてしまう。気持ちはわかるのですが、一番してはならないことです。
 
dokomokashite468.jpg
 

延滞は重罪

延滞は、何見言わず返済をしないことです。
何年間か逃げると返済義務がなくなると言いますが、逃げることは絶対にできないです。
事故情報から逃げたと思っても、その後は悲惨な内容になります。
延滞しそうになった時には、2つの方法を考えてみましょう。
 

消費者金融に相談

返済金額で、毎月の負担額を小さくして返済できる範囲内します。
毎月の返済が小さくなるので、返済期間が伸びます。
延滞はしていないけれど、金融事故が付いてしまうのですが、消費者金融としては、一応歓迎の対応です。

歓迎というのは、完済意欲があること。
契約内容を変えたことは面倒ですが、返済期間が伸びることで収益も伸びます。
そして、自己破産などをされたのなら、返済リスクが高く大損です。
 
dokomokashite468.jpg
 

弁護士に相談

消費者金融が嫌がる債務整理をしましょう。
これは債務者にとっては嬉しいことで、返済金額全体を大きく減額。
自己破産でゼロです。弁護士に相談したら良いのは、ことがスムーズに進むからです。

延滞の前に返済ができないと、債務整理の選択はある意味賢いです。
というのも、ダラダラと延滞よりはさっさと片を付けましょう。

債務整理では、選択ができますが、状態によって内容を決めます。
自己破産はベストですが、住宅ローンがある場合は、家を失います。
返済できるお金があるのに、返済ができないと言う理不尽な要求もNGです。
弁護士は正しい判断から、その方と今の状態に合う債務整理を指示してくれることになります。
 

延滞は回避だけではなく

それぞれ然るべき相談をすることで、無事に延滞せずに債務整理なり、返済を軽くすることができます。
このことは個人信用情報機関に記録されるのですが、延滞と言う最悪な内容ではないことで、これからお金を借りたい時にも有利です。延滞は、過去の記録だとしても良いものではなく、消費者金融業者だけではなく、銀行カードローンでも不利なことです。

事故情報として延滞遅滞は、各種ローンにも影響が出ます。
カードローンの審査落ちの原因が延滞というのだけは絶対にしないようにしましょう。
債務整理をするつもりなら、返済日前の行動がオススメです。
とにかく信用情報には延滞の記録は絶対に付けないことです。
 
dokomokashite468.jpg
dokomokashite468.jpg