どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

新規キャッシングからのまとめローン 審査と返済負担について

2018年03月21日 11時58分

お手軽カードローンの、
大手消費者金融のキャッシング。

借り方としては、
いくつか方法があるのをご存知でしょうか?
 
dokomokashite468.jpg
 

まとめローン

まとめローンは、
多重債務分の、借入をすることを指します。

既に、数社の消費者金融の残債があり、
新規キャッシングをしたいとします。

このときに、もし、まとめローンをしたら、
返済額が低くなって、新規キャッシングの、
必要がない場合もあります。

このまとめローンで、多重債務だけを借りて、
今までよりも、低金利で返済。

そんな契約もあります。

総量規制を気にしなくても良いまとめローンでは、
銀行カードローンの借金は入らないのですが、
多額なほど低金利で、返済が楽になります。
 

消費者金融、まとめローンは借りれない

ただし、審査基準が微妙です。

大手消費者金融の一部でも、商品としてありますが、
多重債務は良いのですが、
返済能力の高さが、要求されます。

新規キャッシングよりも、審査が厳しいのです。

既に、ブラックの場合は、この大手消費者金融の、
まとめローンは審査落ちです。

まだ信用情報に金融事故がないし、
今のままで苦しいので、まとめローンにしたい。

継続的な収入が見込まれることで
返済負担を小さくできるなどの、
審査通過材料が、必要です。
 
dokomokashite468.jpg
 

中小消費者金融のまとめローン

これは、審査ではパスできたとしても、
金利が問題です。

大手消費者金融で、多重債務で、
新規キャッシングはできなかったし、
まとめローンの審査も、NG。

では、審査が甘い新規キャッシングは、
総量規制範囲内なら、借入可能でしょう。

ただ、そうなると借入件数が増えるので、
まとめローンにしたい。

1つのまとめローンにすることで、
返済の手間は、省けます。

ところが、金利が高いとなると、
今まで以上の、返済額になります。

金利上昇、返済期間が長くなることで、
返済負担全体が、上がる計算になります。
 

多重債務者の選択

理想としては、借入件数が増えない、
大手消費者金融のまとめローンです。

または、銀行カードローンで、多額の借入ができるのであれば、
多重債務分のまとめローンも、可能です。

ただ、多重債務では、まとめローンも、
銀行カードローンも、借りれない場合が多いです。

では、審査の甘い、
中小消費者金融ということになります。

新規キャッシングで、借入件数が多くなります。

中小消費者金融のまとめローンでは、
返済負担が多くなる。

ただし、毎月のキャッシングは楽になり、
新規キャッシングの、必要性もなくなるということです。
 

まとめローン、難しいね

大手消費者金融の低金利まとめローンができ、
新規キャッシングの、必要がないのが良いです。

審査落ちになって、安易に、
中小消費者金融のまとめローンに鞍替えは、要注意です。

どうしてもキャッシングがしたいのなら、
中小消費者金融の新規キャッシングですが、
返済が、できればの話しです。

まとめローンもできない、
新規キャッシングも難しいのであれば、
選択肢は、債務整理になります。

審査落ちで、話しが出る債務整理ですが、
まとめローンがダメなら、
一番返済が、楽になる方法です。
 
dokomokashite468.jpg
dokomokashite468.jpg