どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

金融会社審査落ちは債務整理しかない

2017年06月12日 06時56分

キャッシングをするときに、審査基準の厳しさから行くと、銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融や街金です。
ここで注目なのが、中小消費者金融と街金です。
申込ブラックを始め、信用情報で金融事故がある方でも審査対象になる事から、利用者が増加しています。
ここの条件としては、
  • 収入があること
  • 返済能力があること
  • 総量規制限度額に余裕があること
です。
この3点がある方に関しては、中小消費者金融も街金も審査の上、たいてい少額ですがキャッシング魔の可能性があります。
しかし、どれか一つでもNGであれば、ここでも審査落ちになってしまいます。

金融会社とは?

国内でキャッシングができる金融会社や金融業者とは、金融庁や都道府県知事に届け出をしているところです。
審査があり、利息なども法定圏内で最高でも20%です。
ブラックと言われる多重債務者や債務整理後の利用者の審査は基本的に自由であり、その消費者金融などで決められた審査基準内であれば融資対象になります。
そこで、基準に差が出て、中小消費者金融や街金は甘いので、ブラックでもお金を借りることができるのです。
その他の金融会社というと、審査があって、利息制限法で20%で貸したとしても、届け出をしていないと違法業者になります。

個人間融資は金融会社ではない

したがって、多重債務者やブラックリストが自由に書き込みができる個人間融資のキャッシングは違法業者の個人を相手にしていることになります。
個人間融資は、会社組織ではなく、一個人が援助してあげるという方法です。
たまたま自分に余裕があるから、数万円・数十万円単位でお金を貸してあげるという掲示板です。
そこで、利息などを交渉した上で、自由な貸し借りをするのですが、信憑性と安全性の確立はできていないのが実情です。
正常な支払いも借り入れもできているか?どんな人がどんな風にキャッシング成功者になっているか?そのような口コミ情報は確信のあるものはありません。

申込先が会社である安心感

金融会社としてあれば、個人情報保護法から個人情報も安心して教えることができます。
しかし、相手が個人であり、担当者が存在するものではないため、個人間融資そのものの存在も怪しいものです。
また、このような書き込みでの営業はできないことになっていますので、正規業者が個人間融資に存在していることはありません。
個人信用情報機関の照会もなく、ブラックOKなどとある個人間融資に関しては、利用者がいないのではないかと言う専門家の見方もあります。
ですから、審査がある金融会社がどれだけ安心なのかがわかります。

審査があるから貸してくれない

信用情報の金融事故があると借り入れは難しいです。
債権者にとっては、返済能力が低い方に貸し付ける事は危険な行為であり、審査落ちにしてしまいます。
利用者側の年収や総量規制限度額などを確認した上で、利用枠などを決めますが、他社借り入れが異様に多い多重債務者、ブラック借り入れをしようという方には審査通過は絶対にない話です。
審査のせいで借りれない、だから審査のない個人間融資やヤミ金で借りたいというのも、ある意味納得です。
しかし、これはやってはならないことなのです。

ヤミ金を知らない人たち

ブラックリストでも表面的には、闇金は怖い知識はあります。
しかし、事故経験をしていてどこ貸してくれないと、ここでは絶対に現金が入手と分かった時点ですがってしまうようです。
どんな内容のお金かわからないのですが、平常心でない状態なのか確か。
闇金に走る人たちは闇金を知らないのです。
個人間融資にしても、まともな金融会社ではなく、闇金の可能性は大きいという口コミが多いです。
ブラックリストはある程度期間をおけば記録は消えます。
それを我慢するか、貸してくれないとなれば即刻法律事務所での債務整理の相談が妥当です。
dokomokashite468.jpg