どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

多重債務は厳しい場合も、できれば1社が良い

2017年06月20日 07時30分

既に消費者金融からお金を借りているけれど、つなぎ資金がほしい。
多重債務の冒険です。

原則的に多重債務は可能

消費者金融の場合、総量規制で限度額が決まっています。
年収の3分の一です。
もし、現在大手消費者金融から30万円の借り入れをしていたとして、総量規制で100万円ほどあったとしたら、あと70万円の借り入れができます。
同じ消費者金融でも他店でも申し込みはできます。
審査で、今度の債務が2社目と言うのは、よくある話で、消費者金融情報の口コミなどでも一応パスしている方は多いです。
ただし、総量規制限度内が肝心なことときちんと返済をしていることが条件です。

消費者金融会社の審査

多重債務を断ると言うのは、総量規制内でも多くの借入をしている、件数が多いことが原因です。
他社借入3社で4社目の申し込みは難しいです。
しかし2社目では、信用情報の確認で審査は通りやすいかもしれません。
ただし、この時に大口融資の申し込みはしないことです。
これは審査を難しくすることになってしまいます。

つなぎ資金の借りやすいところ

審査の甘さが引き立つ中小消費者金融です。
担保も保証人も不要で、ブラック対応の中小消費者金融なら、多少無理な融資も申込めます。
ここでも総量規制は絶対ですが、2社目ならも貸してくれる可能性は大きく成約率も上がります。
他社借入ができなかった方でも対応、という誘い文句はウソではないようです。

ママ友たちの体験談

中小消費者金融では、ママ友たちでも話題になるところです。
銀行カードローンしか借入ができない専業主婦は、ここが審査落ちになると大手消費者金融では対応してくれません。
そこで中小消費者金融です。
専業主婦の借入の理由で多いのが生活費や交際費です。
中にはギャルママたちによる遊び金などもありですが、中小消費者金融では収入のない専業主婦は、配偶者の収入を下に総量規制限度内の借入ができます。
安定した収入の配偶者でなくてはならないのですが、同意書があればキャッシングの続きを行う事ができます。
それもインターネットで対応しているキャッシングエニーなど、中小消費者金融情報サイトでは一覧で消費者金融を探すことができます。

多重債務は慎重に

多重債務に関しては、件数が多くなると不利です。
50万円の他社借入も1社と2社では印象が全く違います。
できれば、少なくしてからの借入が審査に通りやすいのですが、中小消費者金融も同じです。
クレジットカードを持っている方は、キャッシング枠の確認もした上で、できるだけ多重債務は回避することをお勧めします。
つなぎ資金の調達方法としては、多重債務よりも1社だけで多く借りることの方が何かと後々都合が良いということですが、無利息期間のキャンペーンなどがあると、つい魅力になってしまいます。
しかし、この時にも審査がありますから、ご用心。
dokomokashite468.jpg