どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

お金借りれない

  1. お金を借りれない状況
  2. 多重債務だと貸してくれない
  3. 延滞したらどうなる?
  4. 返済不能になるとどうなる?
  5. お金が借りれないときの様々な考察
 
dokomokashite468.jpg
 

お金を借りれない状況

お金が必要になったら、いつでもお金を借りることができていたのに、いつのまにか銀行カードローンや、
消費者金融会社のカードローンの、
融資限度額いっぱいまでお金を借りていた…。

そういう人は少なくないでしょう。
そして、新しく融資を受けてようと思っても、
審査に通らずに、キャッシングができなくなっていたという人も、少なくないことでしょう。

お金が無くなれば、銀行や消費者金融会社から、
借りたらいいと思っていたのに、
いつのまにか借りることができなくなっていたのです。

そういった場合は、信用情報機関に記録されている信用情報が、
落ちていることが考えられます。

その時には、いつもの大手消費者金融会社ではなく、
中小消費者金融会社からの、融資を考えたほうがいいかもしれません。

中小消費者金融会社の一部や、街金と呼ばれる、
小規模な消費者金融会社の中には、金融事故情報があり、
債務整理中や、自己破産などといったように、
ブラックリストに載っている人でも、お金を貸してくれるところがあります。

個人信用情報機関に、金融事故情報として登録されている、
いわゆる、ブラックの人でも借りることができるのです。

これは、中小消費者金融会社の一部や、街金が個人信用情報機関に加盟してなく、
そういったブラック情報を、照会で取得することがないからです。

審査も自社審査のみですから、現在の属性のみで審査を行うのです。
ですから、現在しっかりと働いているということでしたら、
過去の借入状況は不問として、キャッシング審査を行います。

よって、たいていの場合は審査に通るので、
お金の借り入れが、できるということになるのです。

もっとも、このような消費者金融会社のローンでは、
金利が上限金利となる20%で、借りることになるので、
利息の負担が大きくなると、心配する人もいるでしょう。

しかし、このような独自審査を行っている消費者金融会社は、
大手消費者金融会社と違って、融資金額が少額になる場合が多いです。
多くても50万円程度でしょう。

相場の多くは10万円程度ということですから、
金利が、たとえ上限金利の20%でも、
月々の支払いは、それほど大きくはならないのです。

お金が借りれない状況というのは、
属性が著しく低くなっているのが、要因と考えていいでしょう。

その多くは、他社借入れが多くて、多重債務者となっているケースです。
少しずつでも返済していくことが大切ですが、
おまとめローンなどを、活用するようにしたほうがいいでしょう。

まずは、返済を一本化することが大切ですね。
▲メニューに戻る

dokomokashite468.jpg
 

多重債務だと貸してくれない

多重債務状態となっていても、きちんと返済していれば、
問題はないと、考えている人も多いと思います。

確かにそうなのですが、
他社借入れが多い、多重債務となると、
行き着く先は返済不能になるということで、
特に銀行などの、金融機関からの印象は悪くなります。

それは属性に大きく反映されて、他社借入れが3社以上あるような場合に、銀行カードローンの申し込みをしても、
恐らく審査に通ることはないでしょう。

そういった多重債務という情報は、
信用情報機関に紹介することでわかりますから、
自ずと申し込み者に、借金体質アリと思われてしまうのです。

銀行も消費者金融会社も、信用情報機関から得られた情報から、
多重債務者であることを把握します。

滞納もなく、きちんと返済していることを評価するのは、
消費者金融会社であり、滞納などをしていなければ、
多重債務であっても、融資をしてくれる可能性が高いです。

一方で、銀行となると、多重債務自体を問題視する傾向にあるので、
返済状況がよくても、多重債務者ということで、
審査打ち切りとなってしまうのです。

そこを突破して、何とかして、
銀行カードローンからお金を借りたいというのでしたら、
多重債務状態を、なんとかしなくてはいけません。

そうなると頼りになるのがおまとめローンです。

これは複数の債務を一本化するためのもので、
メリットは返済窓口が一本化する野で、あちこちに返済することなく、
一度の返済で済むのが、大きなメリットでしょう。

また、返済に伴う利息も、多重債務のときの利息と比較して、
少なくなることもあるので、これも大きなメリットと言えるでしょう。
しないよりも、したほうがいいのがおまとめローンなのです。

そして、お金を借りるという面でも、1社からの借り入れでしたら、
金額はまとめているので大きくはなりますが、
1社ということで、多重債務にはあたりません。

そうなると、銀行からもお金を借りやすくなるのは間違いないのです。

おまとめローンの審査に通るのかということが、
心配になることもあるのですが、おまとめローンの性格として、
多重債務の解消にあるのですから、審査にも通りやすいでしょう。

もっとも多重債務状態から、返済できなくて滞納歴があるということでしたら、
それが、信用情報機関に記録されていて、申し込み先の金融機関や、
消費者金融会社からの照会でわかってしまいます。

そうなると、融資に対する審査も通らなくなるので注意が必要です。
そのように滞納歴があると、次の借り入れに大きな影響が出てしまうのです。

ですから、返済するためにあらたな借金をして、
返済を滞りなく行っている人がいるのはそのためです。

延滞はかなり属性を低くしてしまいますし、
新たな借り入れの際の審査に、大きく影響するということを、
しっかりと頭に入れておくようにしましょう。
 
▲メニューに戻る

dokomokashite468.jpg
 

延滞したらどうなる?

多重債務になると、
返済がどうしても苦しくなってしまいます。

そのため、他社借入れが3社以上となると、
銀行では多重債務者と判断されて、
融資のカードローン審査に通ることはないでしょう。

ここが銀行と、
消費者金融会社の審査基準の違いなのです。

銀行は多重債務状態であれば、
そこで、審査NGとなるのですが、
消費者金融会社では、
滞納や延滞がないかぎり、審査OKとなるのです。

消費者金融会社の場合は、滞納なく、
きちんと、返済していることを評価しているということです。

ここに金融機関と、貸金業者の性格の違いが、
現われているといってもいいでしょう。

しかし、延滞したらどうなるのでしょうか。

中には銀行にお金を入れ忘れていたという、
うっかりミスもあることでしょう。

それでも延滞は延滞ですから、
そういった情報も、信用情報機関に記録されることになります。

しかし、これはブラックということではなく、
あくまでも延滞したという記録です。

延滞していて、それで返済していないということになると、
それが高じて債務整理あるいは、自己破産ということになるのです。

延滞して、遅れたにしても返済をすると、
ブラック状態になることは、ありません。

しかし、これだけでも新たな借り入れをするときの審査には、
大きく影響するので、延滞はできるだけというか、
絶対にしないほうがいいです。

これは、たとえ、
うっかりミスであっても、機械的に処理されます。

うっかりミスという但し書きはつかずに、
延滞は延滞として扱われてしまうのです。

返済のために、他の消費者金融会社から、
借り入れをするという人もいます。

返済のための返済は、債務整理の最大の近道となるのですが、
延滞するよりもましで、現状を逃れるための最善の手段となるのです。

そのような状況から脱出するのも至難ですから、
そこから債務整理に陥る確率は、かなり高いと考えていいでしょう。
 
▲メニューに戻る

dokomokashite468.jpg
 

返済不能になるとどうなる?

どこからも、お金を借りることができないということは、
延滞や滞納があること、
他社借入れが、多いことがあげられます。

借り入れに対する返済が、
現在進行形で、進んでいる状況であって、
それに対して、延滞を繰り返している人に、
融資をしてくれるところはないでしょう。

お金を借りることができなかったら、
結果として、返済不能ということになります。

そうなると、債務整理あるいは、
自己破産のどちらかを選ぶことになります。

自分に何も資産がない場合でしたら、
自己破産を選ぶほうがいいかもしれません。

借金が帳消しになるのですから、何もかも綺麗にして、
再出発を図ることができるでしょう。

しかし、持ち家があるような人でしたら、
その家を手放したくないのでしたら、債務整理のほうがいいでしょう。

自己破産となると、家を含めて、
多くの資産が差し押さえになってしまうので、
手元に何も残らなくなるのです。

返済の意思があるのでしたら、債務整理が一番でしょう。
金利も低くなりますし、毎月の返済がそれまでよりも楽になるので、
これまでできてきたのですから、返済も難しくはないと思います。

いずれにしても、ブラック状態になることは間違いないのですが、
新たな借り入れができずに、返済のみに注力できるので、
これまでと、それほど変わらない生活を送ることができます。

唯一クレジットカードが持てないのが難点となりますが、
デビットカードは持てるので、それで代用することで、
生活にも、支障はないと言えそうです。
 
▲メニューに戻る

dokomokashite468.jpg
 

お金が借りれないときの様々な考察

お金が借りれないときは、結果として返済不能となって、
債務整理と、自己破産の、
どちらかを選ぶこととなります。

これは、借りたものは返すという、社会的ルールを考えると、多少でも返済能力があるのでしたら、
債務整理のほうがいいでしょう。

これは、これからの人生があるので、
金融機関や消費者金融会社などの、心証を少しでもよくする必要があるからです。

きちんと、返済してある年数が経過すると、
新しく借り入れをすることができるようになるので、
そのためにも、債務整理のほうがいいということですね。

もっとも返済する能力がなければ、自己破産しかありません。
こちらのほうが文字通り、裸一貫からスタートできるという点でメリットもあるのです。

いずれにしても、そのときの状況を的確に判断して、
決めなければいけません。

そして、お金が借りれないときでも、
どうしてもお金を工面したいときは、
個人間融資掲示板などを、利用する方法もあります。

ネットなどで評判となっているのですが、
少額融資でしたら、問題なく貸し借りができているようです。

文字通りの個人間の信用だけを頼りに、貸し借りをする方法と、
業者が介在しての融資も行われているようです。

利用する際は、口コミ情報などを利用して、
しっかりと情報を入手した上で、おこなうようにしましょう。
 
▲メニューに戻る

dokomokashite468.jpg

お金借りれない 水商売

2018年08月10日 17時51分

キャッシング申込みする時に、気をつけておいてほしい点があります。それは『職業』です。勿論、初めから無職で申し込みするような人はいないかと思われますが、収入が得られていても、ある職業では審査で大変不利と…

お金借りれない 総量規制

2018年08月10日 17時56分

消費者金融のキャッシングにおいて、総量規制って毎回厄介ですよね…。恐らくお金が借りたいけれど、他社借入が必要以上にあったり、年収の1/3以上の借入だと融資出来なくなるというのもあって、キ…

お金借りれない 債務整理

2018年08月10日 18時01分

借金地獄とまで言えば大袈裟かもしれませんが、返しても返しても借金が減らない多重債務の人だと、何処にも信頼してもらえません。返済能力がない為、お金が借りられない事となるでしょう。こんな人がどうしてもキャ…

お金借りれない ブラック

2018年08月10日 18時05分

借金を帳消しにした人は、その代償として必ずブラックとなります。お金が借りたいと思ってもブラックになると、大手のカードローン契約は不可能となってしまうので、便利なむじんくんも消費者金融も、銀行系だって使…

お金借りれない 街金

2018年08月10日 18時10分

大手の消費者金融や、銀行のカードローンでお金が借りれない人が多くいるのはわかりきった事だと思います。だけど、ブラックでもお金が借りれる街金でもお金が借りれない人がいるって、信じられますか&hellip…
dokomokashite468.jpg