どこもお金を貸してくれない人【ここならOK!】

もうどこもお金を貸してくれない人はここで試してみてください

dokomokashite468.jpg

お金が借りれない 職業

2018年05月31日 17時17分

単独で個人がお金を借りるのであれば、消費者金融や銀行キャッシングでお金を借りれると思います。
1000円でも欲しい、1万円、2万円、5万円借りたいと、お金を借りる方法をすぐに知りたい人なんかには、ネットキャッシングが手軽で便利です。

プロミスで借りたい、モビットで借りたいと、好む会社は人それぞれなのですが、結局消費者金融のキャッシングに救われている人は、かなり多いのではないでしょうか?消費者金融のキャッシングがあれば、いつだって乗り越えられる!!そう確信している人も中にはいるかもしれませんよね。でも、こんなにキャッシングで無敵と思えるような消費者金融のキャッシングでも、特定の人だとお金が借りれない人が居ると判明します。

まずは無職。
これは言うまでもありませんが、収入が全然ないので返済能力がまずありません。
お金を貸してくれる貸金業者なんて、ごく稀と言っておいても良いです。
少なからず、大手の審査では絶対に通りません。アルバイトして働くなり、派遣されるなりフリーターをやめるなりして、お金を稼いだり勤続年数を増やす事が大事となってくるでしょう。

次に、水商売や自営業。
これについては安定した収入が、絶対の大手にとって不安定な時期もあるかもしれない。
収入が安定せずに変わりやすい職種による申し込み者は、審査に通らない可能性が高いと言えるのでしょう。
こんな人では大手でお金が借りれない、又は借りにくいと思っていても良いです。

そして最後に、専業主婦です。
専業主婦はいわゆる無職と同等なので、収入が0である限り、お金の借入は出来ないでしょう。
これはパートで働くなり、主婦のアルバイトなどでお金を稼いでおく人になっておかないと、消費者金融には必ず総量規制が適用されますので、お金が借りれません。ただ同じフリーターと似ているようで似ていない部分もあって、フリーターは実質収入0だからお金が借りれないのですが、専業主婦の場合であれば、仕事をしていなくてもお金が借りれる可能性ならあります。

恐らく結婚している専業主婦であれば、配偶者がいるので、配偶者の収入があれば配偶者貸付によってお金が借りれるのです。但し、消費者金融のキャッシングに限っては配偶者の同意書の提示が絶対だったり、必要書類も多いので、かなり面倒なキャッシングとなってしまうかもしれません。

これを解決するのであれば、銀行カードローンとなってくるでしょう。
銀行カードローンは消費者金融と違って、配偶者の同意書は不要なんです。
だからこそお金が借りたい時に専業主婦であっても、いつでもお金が借りれるという事となるわけなんですね。
これは、専業主婦の強みと言っても良いのかもしれません。

消費者金融でお金が借りれない属性の人は、自分に合ったキャッシング方法を見つけるようにしてみて下さい。
無職であれば働く。水商売や自営業であれば、地域密着型の街金でお金を借りる。専業主婦が消費者金融でお金を借りれないなら、銀行カードローン。番外編として、ブラックであれば中小消費者金融。

このようなお金が借りれない属性となっている可能性が高い人であれば、大手消費者金融の審査で可決を貰うのは厳しいでしょう。仮に、こんな人で本日キャッシング申込みしたいと思っている人がいたとしても、消費者金融カードローンではお金が借りれない可能性が高いでしょう。自分に合ったキャッシング方法をうまく見極めて、お金を借りるように頑張ってみて下さい。
 
dokomokashite468.jpg
dokomokashite468.jpg